« 連日連夜! | メイン | 神様のくれた2時間 »

四月の雪

東京では41年ぶりに最も遅い降雪日の記録に並んだそうですね。
世界的な規模で天変地異が起きていますが、私たちの地球はどうなってしまうのでしょう。

そんな世間の状況をよそにレコーディングは相も変わらず朝から深夜まで続いています。
まさし自身の作業(ギターや歌)は既に終了し、彼はコンサート・ツアーに戻っていますが、いつスタジオにやってきて「やり直ししたい」と言い出すか分かりません(ある曲は歌入れを3日に渡ってやりました)。

今日あたりは休みを取りたかったのですが、作業が押しているため今日も今からエディット作業をします。

このままトラブル無く作業が進めば、21日からミックス・ダウン。月末にマスタリングして音の作業は終了になります。

コメント

八野さま
こんにちは。
本当に今年は一体どうなっているのでしょう?まだ炬燵やストーブは片付ける気にもなれません。
 さて、現場のリミットは発売日何日前になるのですか?20日以降万が一手直しが入るとどうなるんでしょう。僕は別に1ヶ月遅れたからといって困りはしません。作り手が納得のいくものであれば十分です。ソロプレミアムのDVD発売の告知もあり、6月がまさし全開の季節になると思います。これから財布と相談です。
 八野さま残り2週間余り、是非ともよろしくお願いします。

八野さん、連日、大変お疲れさまでございます。
お休みなしで、大丈夫でしょうか?
お身体のことがとても気に懸かります・・・

とはいえ、MasaSing Town Mailにて、いよいよ国技館のDVDが、
それも飛びっきりの内容でいただけそうだと知って、今から心がうきうきしています。
八野さんの魂の結晶、この手に、この目に、出来る日がもう、間もなくなのですね。

そして、過去のものは過去・・・
八野さんは現在また、今の今、に集中なさっていらっしゃる・・・
ありがたい気持ちばかりです・・・

コンサートツアーのタイトルも発表になりましたから、
今回のアルバムも、それと同じタイトルだという認識でおります。

大変でしょうが、引き続き、よろしくお願いいたします。

そして、お身体のメンテナンスの方も、どうかよろしくお願いいたします。

八野さんおはようございます、お疲れ様です。まっさんはとにかく納得がいくまでやり直したいんでしょうね、大変でしょうけど頑張ってください

まっちゃんさん、 凛さん、後藤尚代さん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

まっちゃんさん
>現場のリミットは発売日何日前になるのですか?

CDの場合、発売日の約40日前が音やビジュアルの作業の最終日になります。

凛さん
>コンサートツアーのタイトルも発表になりましたから、
>今回のアルバムも、それと同じタイトルだという認識でおります。

す、鋭い・・・、ですね。

後藤尚代さん
>まっさんはとにかく納得がいくまでやり直したいんでしょうね

はい、まさしも僕もエンジニアたちも納得がいくまでやりたいです。

返信ありがとうございます、ところで今年のWORLDの話しをアコースティックコンサートでしなかったんですがヒントだけでもいただけませんか?

後藤尚代さん、こんばんは。

残念ながらまだWORLDコンサートの詳細は決まってないと思いますよ。

八野さん、お疲れ様です。
「21日からミックス・ダウン。月末にマスタリング」そこから逆算しながらも「どこまでも納得がいくまでやりたいです」のお気持ち。限られた時間の中での戦いみたいなものなのですね。どこまでもより良いものをと追求し続けて下さる事はファンにとっても嬉しい事なのですが、結局お休み削ってのご作業になってしまわれるのですね。
本当にトラブル無くスムーズにご作業進みますように!

おめめさん、こんにちは。
温かいコメントありがとうございました。

現在Edit作業が進行中で、これが明日まで続きます。そして明後日からはいよいよミックス・ダウンに突入です。

個人的にはちょっと体調を崩していますが、みんなで乗り切ります。

お疲れさまです!

雪にはびっくりでした。私の記憶では東京では初めてでした。(41年前の記憶は…−笑−)
それより、このタイトルって、確か曲もありましたが、韓流にもあったような。そちらに反応してしまいました。

月末、楽しみにしています。よろしくお願いしまーす!!

machiko-chanさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

雪には驚きましたね。

やった〜、反応して頂けました!
はい、ヒットした韓国映画のひとつにひっかけたタイトルにしました。
大好きな女優さんの代表作のひとつであり、主演のふたりの演技に魅せられています。

さて、今日からミックス・ダウンが始まりました。
月末のマスタリング、宜しくお願いします。

八野さま
こんにちは。
今月も残りあと1週間ばかりになりました。体調の加減如何でしょうか?
本日「予感」の詳細(収録曲)が告知され、例の犬の続編を思わせるようなタイトルや、既にコンサートで取り上げられた「片恋」など詮索したくなる意味深タイトルばかりで発売が本当に楽しみです。
 以前さださんのDSD処理により音質が向上したとありました。再発CD(プライスダウンリイシュー盤2003.7以降に発売でDSDの表記あり)に対し、「すろーらいふ」以降最近のCDにはDSD表記がありません。買い直しの場合はそれ以前のものとの認識でよろしいのでしょうか?又シングルとアルバムでは音質は違うのでしょうか?

まっちゃんさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

今日もスタジオでミックス・ダウンをやっています。

さて、確かにDSD化されてないものはDSD化したのは事実です。
確か1999年からはDSDを使っていますので、例えば「すろうらいふ〜」以降は最初からDSDですので、新たにマスタリングをやり直すことはしてません。

シングルとアルバムとの音質の違いとのことですが、これは8cm盤と12cm盤との音質差ということでしょうか?

八野さま
「日本架空説」2000.9.21、「夢百合草」2002.2.27、「夢のつづき」2002.9.26の3作はリイシュー盤と音が変わらないと判断してもいいのでしょうか?
シングルとアルバムの音質差というのは、仮に同じ12cmでも収録楽曲の多少によって音質が変化するのかつまり昔のLPのようにレンジを小さく変えてあるのかとふと思ったからです。そんなことはないですね。
自分の再生機でそんなに違いが判る訳ではありませんが、さださんのCDはやはり最良の音質で聴きたいと思っています。今まで聴こえなかった音が届いた時の喜びはこの上ないものです。
お疲れの処わざわざ有難うございました。

まっちゃんさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

その3作の音はあまり変わらないと判断して良いと思います。
変わらないと断言出来ないのは、プレス工場やプレス時期が異なると音も異なる可能性が高いからです。もっともこれはマスタリングで変わる変化量よりは少ないと思いますが・・・。

CDアルバムとCDシングルを特に異なるマスタリングにしようとは僕の場合は思ってはいません。

ただシングルとアルバムは歌が異なったり(歌が異なると言うことはミックスも異なるということ)、演奏や歌は変わらなくてもミックスが異なったりする場合はあります。実際、僕の記憶では、例えば「夢」はシングルとアルバムで歌が異なります。また「天までとどけ」はシングルとアルバムでミックスが異なります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)