« オフ! | メイン | しごと三昧 »

時は流れても 人と人とのつながり

ゆったりと時が流れる静かな夜には色々と思い出したりすることがある。
きっかけは昨日タクシーの車窓から観た風景だった。

昨日の午後、とある打ち合わせのために事務所のある四ツ谷から弊社の丸専務と一緒にタクシーに乗り込んだ。赤坂見附交差点を経由して向かったのはサントリーホールの前にあるANAインターコンチネンタル東京。1時間ほどで打ち合わせが終わりタクシーで事務所に戻った。戻る際に偶然、グランドプリンスホテル赤坂の旧館の前を通った。

赤坂は数多くの思い出がある街。

1980年にフリーフライト(現さだ企画)に入社し、4月1日に代表室に呼ばれ、初めて与えて頂いた本格的な仕事は赤坂見附交差点の角地におよそ3ヶ月で「自由飛行館」という名前のパブ・レストラン兼ライヴ・ハウスを作ることだった。
まさしに何度も会って彼の希望を聞き、基本コンセプトから店の内装、音響機器、食事のメニューまでも打ち合わせした。
毎日のように10時から23時まで仕事をし、何とか無事に予定通り1980年7月7日にオープンさせることが出来てホッとしつつも、店の従業員と共に現社長と僕はしばらくの間エプロンを着て店内に立った。
そして店が軌道に乗り始めると、今度はまさしのアルバム「印象派」のレコーディングのためにスタジオに缶詰め。新日本フィルの軽井沢音楽祭や白鳥座の音楽合宿を経て、「長江」の撮影で100日間中国へ。帰国後、仕事仲間と赤坂で飲んでいるとジョン・レノンが射殺されたというニュースが・・・。1980年は僕にとってまさに激動の年だった。

当時も今もスタジオ間の移動にはタクシーを使うことが多いが、車窓から時折観た赤坂プリンスホテル (現在のグランドプリンスホテル赤坂) 旧館の、ひっそりと時が止まったような、その典雅な佇まいに大いに魅了され、いつかその旧館の中に入ってみたいと思うようになった。その後、新館は打ち合わせなどで時々利用したが、旧館は気軽に入れるような雰囲気ではなかったので入ることはなかった。その頃は数年後にたった1度だがそこに入ることになるとは夢にも思わなかった。

昨年だったか一昨年だったかチキガリの仕事でNHKに行き、休憩時間に廊下を歩いていると不意に名前を呼ばれた。
振り向くと黒沢保裕アナウンサーが笑顔で立っていた。
彼とは都立国分寺高校でクラスが隣同士。一所懸命S&Gのコピーに精を出していた頃、文化祭で歌うことになった時に彼にアート・ガーファンクルのパートを歌ってもらうために一緒に練習した。彼は音楽に対してプロ志向ではなかったので音楽の世界に進むとは思ってはなかったが、数年後にはきっと音楽の道に進むだろうとその頃漠然と思ったのは、僕の他にもうひとりいた。
今年の年頭にまさしは依頼されて大田原市立黒羽中学校の校歌を作ったのだが、その曲をブラスバンドにアレンジすることも依頼された。またピアノ伴奏で歌うための譜面も必要になった。外山和彦という作編曲家に依頼することにした。彼は作曲家の渡辺俊幸さんの友人であり、国分寺高校時代の僕のクラスメイト。音楽の道に進むだろうと思ったそのもうひとりは彼だった(ちなみにタレントの麻木久仁子さんやアカペラ・コーラスグループRAG FAIRのメンバーの2人は国分寺高校の後輩のようだ)。

高校卒業後、僕らは3人とも1年浪人して、外山クンは英語をマスターするために国際基督教大学に、黒沢クンと僕は学部こそ異なるものの同じ早稲田大学に入った(大学では現在オリックス・バファローズの岡田彰布監督が同学年で、面識こそなかったが彼を応援するために神宮球場にはよく通った)。
皆1980年に大学を出て、それぞれの道に進んだ。ちなみに岡田彰布選手が阪神に入団したため、それまでジャイアンツのファンだった僕は阪神タイガースのファンになった。

外山クンと僕が音楽業界で仕事をするようになって数年経った頃、僕のところにオリコンさんから取材依頼があった。当時誌面に「業界内の友人」というコーナーがあって、誰か友人と一緒に出て欲しいとのことだった。そして外山クンに連絡を取り、取材は別々にやって、誌面には一緒に載った。その頃、彼は作編曲家として独り立ちする前で、ベートーヴェン研究家としても高名な音楽評論家の武川寛海氏のご子息であり、ゴダイゴのメンバーとして、シンガー・ソングライターとしても有名なタケカワユキヒデさんのディレクターをしていた。そして僕らは2人とも高校生の時に既に作編曲の勉強をしていたことをその頃になってお互いに知った。

後に妻になる人と初めて会ったのが赤坂だったり、その後も赤坂近辺で会うことが多かったこともあり、赤坂プリンスホテル新館で結婚式を挙げ、僕を魅了し続けた旧館で披露宴をやった。月下氷人は佐田雅人ご夫妻にお願いした。入社後も時々会っていた黒沢クンに披露宴の司会を頼み、彼の休みの日に友人として無償でやってもらった(NHKのアナウンサーはアルバイトをしてはいけないそうだ)。テレビ朝日の「大相撲ダイジェスト」で頻繁に司会をやっていた松苗慎一郎アナ(現在アナウンス部長)は大学のクラスメイトだったので、彼に頼んでもよかったのかもしれないが、さだ企画はNHKさんとの仕事が多いので・・・。
黒沢アナは名古屋の「愛・地球博」では渡辺俊幸さんと仕事をしたらしく、共通の知人である僕の話で盛り上がったのだとか・・・。

何だかあれやこれやと上記以外にも、交友関係やら赤坂、青山、乃木坂、六本木近辺でのここ30年ほどの色々な出来事を思い出した夜だった。

コメント

まさに、「人に歴史あり」・・・
まるで絵巻物のよう、ゆったりと、目の前に像が結ばれ流れます。

ここに至る様々出来事人間模様、
その時、その時には、思いもせず、想像すらしなかったでしょうに、
長い時間をかけ、紡がれ織られるうち、
知らず知らずのうちにどこかで繋がっていた・・・

その場、その時一瞬一瞬の全力投球、一所懸命さが、
このような絵柄図柄の展開をもたらしてくださったという、
八野さんの人生絵巻物語、
しみじみ、じんわり・・・本当に素敵です・・・

私たちにまでお話しを、ありがとうございます。

本当は、もっともっとうかがっていたいぐらいです。

八野さん、こんばんは!
何だか嬉しいです。ほんの少しだけだけど、八野さんの事を知る事が出来た事も、そして、素敵な人と人との繋がりのお話をお教え頂けた事も…。(マネージャーさんや楽屋姫様など話題豊富な方々(笑)や、ステージやテレビでお馴染になってきた楽器担当の方など度々お話にあがることはあっても、今まで八野さんのお話ってネタになったりしてないので、八野さんご自身からお話を読ませて頂けた事がとっても嬉しいのです。)ほんと縁の下の力持ちっていうのかしら、ずっと陰でずっとさださんやさだ企画を支えてきて下さってる方という事は分かっていても、八野さんの事何も知らなくて…。これからも、お時間のある時に時々でいですから、こんなお話やもっともっといろんな事お教え頂けると嬉しいです。ありがとうございました。

凛さん、おめめさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

本日(5/19)のライヴ・レコーディングを終えて、帰宅して今これを書いています。

先日3日間に渡ってここに書いたことといい、今回のことといい、本当に不思議な「縁」というか、人と人とのつながりを感じます。
結果だけ見ると唐突に感じても、それまでの流れや人とのつながりが分かると、唐突には感じないものなのではないでしょうか。

僕は純文学も好きですが、ミステリーも大好きです。Aの次がDになった場合、BとCの存在が気になるんです。
一般的には結論だけが素晴らしければそれでいいと思います。白鳥の優雅さだけが通じればいいと思います。
といっても、僕は過程を知りたいですし、白鳥が必死に水をかいている事実も知りたいです。勿論、こんなことは人に押しつけるものではありませんし、全ての人がそうである必要もありません。

今回は赤坂の風景を見て、色々なことを思い出したので書いてみました。
尚、友人の名前だけでなく出身校のことを書くのはどうかとも思ったのですが、それを書かないとつながりが分からないことと、ネットで調べれば既に何らかの形で出ていることでしたので書きました。

また、何か機会がありましたら個人的なことであっても書くかもしれません。

お忙しい中でのお返事、恐縮しながらも・・・

八野さん、どうか、是非!是非!!!
是非ともこれからも、このようなお話し、お願いしたいと思います。

私は歳を経て今、物事の途中過程にこそ楽しみが感じられるようになっています。
ストーリーのあらすじ、結末、それはそれ・・・
それよりむしろ、そこに至る、迷い苦しみ悲しみ矛盾混沌・・・
そこにこそ人間の真実がある、そのように思っております。

さだまさしさん大好き!!!
それに何の変わりもありませんが、
今、私にとって、八野行恭さんは、
他に置き換えることのできない大切な方、大好きな方です。

さださんを陰で支えてくださって30年・・・
さださんも、八野さんがいてくださったからこそ、
かくも高い音楽性を、更に高めつつ進化なさっていらっしゃる、
その”さだクオリティ”の原動力、”チームさだ”になくてはならない、
八野行恭さんの”歴史秘話ヒストリー”、

いつでもご都合のよいときに、と、楽しみにお待ち申し上げております。

お話しうかがえて、とても幸せです。
ありがとうございました。

凛さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

穴があったら入りたくなる位の過分なコメントを頂戴しました。
僕はたいそうなことは出来ませんが、自分が納得出来るようにとことんやるのみです。

本日もライヴ・レコーディングがうまくいってほっとしています。

八野さん、お疲れ様でした。

2日間のライブ・レコーディングも無事うまくいったとのお話にとっても嬉しく思っております。(これからがまた大変でしょうけど。)
私は来週の名古屋にお邪魔させて頂く予定にしているのですが、今からちょっとドキドキしています。さださんのお父様への想いをいっぱい詰め込んだコンサートとお教え頂いてますから、いつも以上にドキドキです。

おめめさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

名古屋のコンサートをじっくり味わってきてください。

今回ライヴ・レコーディングしたものは、今後の1回目の作業は6月上旬までで終わりますが、2回目の作業日程はまだ決まってません。
6月下旬になるのか、7月になるのか・・・。

7月中旬には次のプロジェクトが始まってしまいます。

8月には精霊流しに行きますし・・・。

みんなで元気に2つのプロジェクトを乗り切ろうと思います。

八野さん、こんにちは。
ライブレコーディング、お疲れ様でしたm(_ _)m
名古屋・西宮、お伺いすることはできませんが、素敵なライブになりますように♪

貴重なお話、ありがとうございます(^^)
出身高校のお名前拝見した瞬間「え!?」とびっくり(笑)
…いやいや、私の出身校ではないですけどね(^^;)
読み進める前に「RAGのメンバーさんの先輩なんだぁ」と驚いた訳です、ハイ。
今年の始め頃だったか、加藤くんのblogで話題になってたんですよ。
実はそこで、知りました(笑)

八野さんが阪神ファンというのも、納得。
(今日、明日はオリックスと試合ですね。息子は明日のスカイマークスタジアムでの試合、6月始めの甲子園での試合を観戦します。ちなみにうちは前澤さんと同じくオリックスファンです)

最近も、親しい方と「人と人とのつながりって、すごいよね」という話題になりました。
お互い、何かのきっかけがなければ知り合わなかったよね~なぁんて。
ありがたいことですね(^^)

たまさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

「人と人のつながりの不思議さ」はどなたにとってもお感じになることだと思います。
「偶然の出会い」からその後の人生が変わることもありますし。
偶然ではなく、必然だと感じることさえあるかもしれません。
人と人は出会うべくして出会うのかもしれませんね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)