« 時は流れても 人と人とのつながり | メイン | 30年の時 1 »

しごと三昧

この週末も仕事三昧でした。

今月に入って自分の自由になる時間こそ少ないものの、眠る時間はありますのでそれだけは助かっていますが、実際にはどういう訳か睡眠が深くなく、30分で目覚めたり、明け方目覚めてそのまま眠れなかったり、あるいはほとんど一睡も出来なかったり・・・。

リリースなどの詳細は決まってませんが、明日24日と明後日25日は5月19日と20日にライヴ・レコーディングしたもののチェックをして、曲毎にどちらの日のテイクを使うか選びます。

26日からそれのエディット。
31日にはミックス・ダウンに突入します。

コメント

昨夜はお休みになれましたでしょうか?

今日明日のチェックを控えての緊張感から、
またも浅い睡眠しか取られていないのではないか、
気に懸かっております。

これまでどれほど経験していても、
その度、その都度、身を引き締められるのだろうなあ、と想像します。
今回もまた、どうぞよろしくお願いいたします。

私も手元に国技館のDVD、届きました。
八野さんが丁寧に作ってくださった作品、
ゆっくりじっくり拝見しようと思っております。

八野さま
こんにちは。
東京でのコンサート無事終了されたと聞き安堵しています。その間もずっと仕事でさだまさしの音楽を楽しむということは永久にできないんですね。さださんや先日の八代亜紀の番組でも“一度でいいから生の自分のステージを客席で観てみたい”と。自身をファンの一人として観るということは難しいですね。
さてDVDで曲ごとにどの日を使うかということですがそういう事例は過去にもあったのでしょうか?流れに不自然さは出ないのでしょうか?素人的発想ですと映像だと同日で統一感がありいいような気もします。以前の10周年コンサートの映像は一部編集されていて残念な気もしました。
それはさておき、コンサートに参加できなかった自分としては八野さまの手腕に頼るしかありません。
 眠れないのはやはり意識の中に常に仕事のことがあるからですね。どうか羊でも数えながら安眠してください。安眠できる方法が見つかればまた報告します。
 八野さまが納得のいく自信作をただ待つばかりです。よろしくお願いします。

凛さん、まっちゃんさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

お陰様で昨夜はこれまで以上に眠れました。

アルバムのレコーディング中は、作業に必死になっているため、作業と関係ないことを考える余裕がありません。
4月終わり頃、アルバムが完成する頃に、少し余裕が出てきたためか、あれやこれやとアルバム以外のことを考えてしまいました。

まさしんぐWORLDコンサートの準備、ライヴ・レコーディングのことは勿論ですが、それ以外にもありました。
実はそれがゴールデン・ウィーク中にここで書いたことにつながりました。と言っても実際に下書きをしたのは年明けでしたが・・・。ただ、「間に合うと思っていた」という意味のことだけは、あの中でどうしても書けませんでした。

考えてきたことが実を結ぶ可能性が出てきましたので、昨夜は少し安心して眠れたのだと思います。

凛さん、国技館のDVDお買い上げありがとうございました。どうぞお楽しみください。

まっちゃんさん、DVDといえども「音」の部分だけを別の日から持ってくることはあり得ます。実際に何度かしたこともあります(そういう場合は1曲丸ごとではなく、小節単位ですが)。
世の中にはコンサート会場の音は、拍手と歓声のみというのもあります。もしかしたら実際にはその方が多いかもしれません。
基本的に個人的にはその手法は使いたくはありませんが・・・。
一般的にはケース・バイ・ケースだと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)