« 予感 3 | メイン | かなり滞ってしまいました・・・ »

予感 最後に

こうやって書いてきてみると案外収録に使った日にちが少ないように感じるかもしれませんが(もしかすると書いてない日にちもあるかもしれません)、この他にも膨大な時間を曲作りだけでなく、出来上がったの詞曲のチェック、本番の歌入れの数日前に実際にマイクの前で歌いながらやる歌詞とメロディのマッチング具合の確認、各種エディット、ミックス・ダウンなどに費やしていますので、毎日朝から深夜までの作業が続きました。
まさしを始め、あのような状況の中で実に皆よく最後まで頑張ったものだと思います。

個人的には作品面、音楽面、音質面へのこだわりはいつも通りでしたが、特に今回はビジュアル(ブックレット)面でのこだわりが2つありました。

ひとつはギターのクレジットをするに際して、いつものように「Acoustic Guitar」などとするだけではなく、楽器のモデル名、弦のモデル名まで入れました。
ひとつのテイクを録り終える毎に、楽器担当の小松クンに確認して資料を作りました。時折、まさしから「コンサートをやっていて最前列に若い男の子がいると、俺を見るよりもギターを弾く指を見ているんだよね」と聞くことがあります。ギターを愛する人たちがある程度以上いらっしゃることを考え、今回のようにギターにこだわったアルバムでは上記のようなクレジットをする方が良いと思い、我儘を通させてもらいました。

もうひとつは「色」です。
お気づきの方は多いと思いますが、今回のアルバムには全曲の歌詞に「色」を入れ込んでいます。
最初に「何もなかった」と「つくだ煮の小魚」(詩は井伏鱒二さん)の2曲が出来上がりました。「何もなかった」の「紅」が印象的でしたので、まさしと一緒にこもっていたブースでそういう話をすると、「今回のアルバムでは全曲に色を入れようか?」とまさしが言いました。「是非そうしましょう」と応えた瞬間、ふたりで顔を見合わせました。そうです、何十年も前から既に存在する井伏先生の名作「つくだ煮の小魚」はどうだったかに思い至ったのです。
すぐさまふたりで確認すると、何と「あめ色」と書いてあります。
これは予定調和というか、運命みたいだ、という話になりました。
後日、「色」がひとつの隠しテーマのようなものである今回のアルバムには、ビジュアル面でそれを暗示するように各曲のページをその色のイメージにするようレコード会社のスタッフにお願いしました(各楽曲のミュージシャン、使用楽器などのクレジットを表記した資料に確認のために各曲に入れた色の名前も入れてレコード会社に渡していました)。ちなみに、おぐらひろかずさんの「予感」というタイトルの絵を使わせて戴くことにこだわったのは、まさし本人です。

今回のアルバムでも素晴らしいアレンジをしてくださった渡辺俊幸さんだけでなく、日頃からギターや歌をどのようにして良い音で録るか、どうしたらリアリティのある音が録れるかを考えてもらい、試行錯誤を繰り返してもらっているレコーディング・エンジニアの鈴木智雄さん、遠藤 等さん、マスタリング・エンジニアの鈴江真智子さん、前代未聞のあれだけ大変なエディットを毎日深夜まで一緒にやってくれたアシスタント・エンジニアの西山 潔さんに随分と助けてもらいました。
また、それぞれの曲のまさしのギターを録る前に、楽器担当の弊社小松一英クンから「どんな音のイメージのギターがいいですか?」と聞かれ、そのイメージを伝えるとすぐさま、その曲のイメージに合いそうなギターや弦を中心に用意してくれました。彼の助け無しには今回のアルバムのレコーディングはあり得ませんでした。
そして特に今回、CDを聴いて戴くと、目の前でギターが演奏され、歌が歌われているようにお感じになると思います。これはエンジニアの皆さんの日頃の努力だけでなく、機材を提供してくださったAcoustic Reviveの石黒 謙さんのお陰でもあります。

お陰様で今回のアルバム「予感」は一生忘れることの出来ないものになりました。
関係者の皆さん、ありがとうございました。
このアルバムを聴いてくださった方々に、この「予感」が愛されることを願ってやみません。

コメント

「予感」…届いてから毎日聴いています。
このblogを読んで 本当に大勢の皆さんの気持ちが一杯詰まっていることが 更に詳しく知ることが出来 聴く気持ちが違ったものになります。
聴く毎に いろいろな思いが巡り胸が締め付けられるような 懐かしいような 嬉しいような 幸せで複雑な思いです。
とても素晴らしいアルバムをありがとうございました♪

八野さん、おはようございます!
コメント書いてませんでしたが、毎日読ませて頂いてはいました。本当に今回のアルバム制作に当たっての色々な事お教え頂いてありがとうございます。(日付入りで詳しく作業のご様子までお教え頂いてびっくり&感激です。こだわって録り直しされた事までお教え頂けて、そのこだわりがこの素敵なアルバムになった事、本当に感謝です。)
「予感」本当に素敵なアルバムです。とっても嬉しいです。
中学生時代に「禁じられた遊び」の演奏を何かで聞いて、ギターに憧れて、高校の時、従兄に安物を譲ってもらったものの全く弾けずすぐ諦めてしまった私ゆえ(ギターは実家に置いたまま(捨てられてなければ)二十数年ほかりっぱなしでかわいそうな運命をたどってます)、今回、ギターにこだわったCDとお教え頂いた時にはちょっと戸惑ったのですが(楽器何も弾けない私ですが、素敵なオケの演奏のCDが大好きだったりしてるので)、でもお聴かせ頂いて想像以上で大感激です。(昔、「シンプル イズ ザ ベスト」なんて言葉がありましたけど、ほんと凄いななんて思っちゃいました。)
今回のシリーズ、Junさんのコメント読ませて頂きながら、凄いななんて思ったりもしてました。(ギター弾けない私はギターによる音の違いやテクニックの凄さなど分からなくて、単にここが好きって聞き方してしまって…。)
それから、凛さんも凄いななんて。すぐ色にこだわったCDである事にお気づきだった事、びっくりしました。(凛さんのコメント読んで、ブックレット見直してました。)やっぱりCDじゃなくっちゃって改めて思っちゃいました。(今流行り(?)のネット配信ではこの感動は味わえませんもの。)

「茨にもきっと花咲く」WORLD2010でお聴かせ頂いてまた新しい応援歌が出来たって感動しとても嬉しかったので、CDで聴けてとっても嬉しいです。「その橋を渡る時」もWORLD2010の時お聴かせ頂きましたが、その時は多分詩を聞きとるのに必死になってた為、この歌の良さに気付きませんでしたが、CDでゆっくりお聴かせ頂いて好きになりました。クロマチック・ハープが何とも素敵です。何とも古典的な感じを感じさせてくれて詩とマッチしてると感じるからでしょうか?全てを支えるウッドベースも素敵です。
「片恋」は既にお聴きになった方々から素敵な歌だとお教え頂いて、実際耳に出来る日をとても楽しみにしてました。本当はとっても切ない詩なのにでもなぜかとても温かいものが感じられて素敵です。ギターの音色とそれを支えるセロ(チェロと言うのが普通ですよね。でも、「セロ弾きのゴーシュ」が好きなのでセロって言っちゃいます。)のバランス?が素敵です。
「つくだ煮の小魚」は勝手に想像していたイメージよりとっても素敵でした。(勝手に暗いイメージ抱いてました。)とっても綺麗な曲でびっくりでした。渡辺先生のチェレスタも素敵です。
それから「何もなかった」のイントロが大好きです。ハープの入り方も素敵です。間奏、後奏のTin Whistleも素敵です。
「思い出暮らし」一番賑やかで華やかなサウンドとの事ですが、ほんと元気が出る歌ですね。パンパイプが素敵です。
「冬薔薇」もギターとチェレスタのシンプルな楽器編成なのにそれがとても良いって感じます。
「私は犬に叱られた」については夢から出来た歌という事自体面白いのですが、歌詞も面白くてそれを真面目に歌っていらっしゃるさださんが素敵です。弦の皆様の演奏もほんと素敵です。
「静思夜」さださんならではの詩って思います。「個人的には、特にこの曲の空気感、温度感、立体感、世界観への思い入れが強く、曲のイメージを解りやすく表現しようと、レコーディング、エディット、ミックス・ダウン、マスタリングでこだわり抜きました。」とお書き頂きましたが、ほんとこの詩と曲のイメージがぴったりって思いました。
「予感」については大好きな篠崎正嗣ストリングスさんの弦に朝川朋之さんのハープでやっぱり大感激の私です。
ギター弾けない私はその凄さ、大変さは分からないのですが、でも、ギターを何度も持ち替えて頑張っていらっしゃるさださんのご様子が想像できて、ほんと大変だったろうなって、思って。
それから、八野さん達、レコーディングスタッフの皆様の「行」。でも、本当に素晴らしくて大感激です。ありがとうございました。
他の皆様のように素晴らしいオーディオも持っていなければ、それ以前に確かな耳を持っていない私ですが、大好きなCDがまた1枚増えてとっても嬉しいです。これからもっと楽しませて頂きます。ありがとうございました。

kaoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

個人的には新しいアルバムを作る時、新しさと共に懐かしさも重要なキーワードにしています。
ただ新しいだけのアバンギャルドなものにしたい訳ではなく、時代遅れのものにしたい訳でもありませんが、愛すべき音楽はどこか新しさというか個性があって、親しみやすいような懐かしさがあるものなのではないかと思っています。

ですから「懐かしい香り」を感じて頂けたとしたら、とても嬉しいことです。
こちらこそありがとうございました。

おめめさん、おはようございます。
詳細なコメントありがとうございました。

個人的には作るのが今までで一番大変なアルバムでした。
お叱りを受けるような表現ですが、ホントに「行」のようなイメージでした。最後の頃は頭痛、肩こり、腰痛、鼻血との闘いでした。

特に今回まさしのアルバムを初めて1枚全部一緒にやったアシスタント・エンジニアの西山クンは、何故あんなに大変な思いをしなければならないのか不思議だったことでしょう。
エディットで、僕は「ここをこうして、ああして、あそこをああして、こうして!」と言うだけで、耳と頭だけの作業でしたが、彼はMacのディスプレイを見ながらの作業ですから、年若い(23歳)とは言え、目や手にくる負担や疲労はさぞかし大変なものだったことでしょう。
作業中は、そのことだけで精一杯ですから理由などを話すことはなかったですし、話そうと思ったところで適切な言葉が見つからなかったので話しませんでした。全ての作業が終わってから適切な(?)言葉が見つかりましたので、彼に言いました「僕らは世界一のアルバムを作ろうとしているんだよ」と。
それを実現させるための道程は今でも長いと思っていますが・・・

あっ、どうも僕です。本当にお疲れ様でした(´・ω・)ヾ
作業のし過ぎで右腕があがらなくなったのも今となっては良い思い出です(*´∀`)


それにしてもやっぱり[冬薔薇]切ないよー。゜(´Д`)゜。


…ゲフン(・ω・`)


しかし八野さん、あれっすね。あのチーズのアイス、もうどこにも売ってないっすね…ショックはんぱねぇっす(・ω・`)
まぁでも、アイスを愛してやまない八野さんですからきっとまたどこかでおいしいの見つけてきて頂ける、そんな予感がするんすよね。[予感]だけに。なーんつって。

2480さん、おはようございます。

そう、あのアイス、あの後、どこにも無いんだよね。残念! あのクォリティは凄かったのに・・・。
また美味しいアイス見つけましょう。
そうそう、美味しいもの食べに行きましょう。

ホントにお疲れ様でした。

八野さん、こんばんは!
本当にありがとうございました。

鈴木さん、遠藤さん、鈴江さんも本当にありがとうございました。

そして…。
西山さんも、本当にありがとうございました。
「作業のし過ぎで右腕があがらなくなったのも今となっては良い思い出です(*´∀`)」…本当に大変だったのですね。とってもお若いのに、そんなになってしまわれたなんて。今はもう治られました?そんな思いまでして仕上げて下さった作品、そりゃ素晴らしい作品に仕上がって当然って感じですよね。本当に素敵なCDで大感激です。本当にありがとうございました。
他にも本当にたくさんの方々のお力で作り上げられたこの素晴らしい作品、大切に大切に聴かせて頂きます。
皆様本当にありがとうございました。

おめめさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

喜んで戴けると制作に関わり合ったものたちは皆とても嬉しいと思います。
こちらこそありがとうございました。

 初めてお便りします。新しいアルバムを聴きました。とてもギターのサウンドがきれいな曲が揃っていて、新鮮なイメージと懐かしさが共に存在する、そんな感じです。私は音楽のことはあまり詳しくは解りませんが、非常にギターの音の繊細な変化にこだわり、大切に曲を作り上げたのだということは伝わってきました。ありがとうございます。しばらく素敵な時間を過ごせそうです。
「予感」の表紙に寄せて歌を詠みました。


満開の花に凭れて人を待つ
幹の向こうで気付かぬ二人

 初めてお便りします。新しいアルバムを聴きました。とてもギターのサウンドがきれいな曲が揃っていて、新鮮なイメージと懐かしさが共に存在する、そんな感じです。私は音楽のことはあまり詳しくは解りませんが、非常にギターの音の繊細な変化にこだわり、大切に曲を作り上げたのだということは伝わってきました。ありがとうございます。しばらく素敵な時間を過ごせそうです。
「予感」の表紙に寄せて歌を詠みました。


満開の花に凭れて人を待つ
幹の向こうで気付かぬ二人

こんにちは
「予感」さだまさし博覧会会場で買い求めました。コンサート会場で買おう!と思っていたのに、待ちきれませんでした!
素晴らしいアルバムができあがりましたね。おぐらさんの絵も素敵ですし、アルバムタイトルの曲も、絵のイメージと共に楽しめて・・・。車でも、部屋でも何度も何度も聴いています。私は「予感」と「片恋」が特に好きです。きっと次号のまさしんぐWORLDの投票クイズはこのアルバムから、でしょうね。でもいざ投票するときになると、また、どの曲にしようか、ととても迷うのです。甲乙つけがたい、というのは、さださんの歌のためにあるような木がするほどです。
来週行くコンサートがとても楽しみです。我が家からさいたまへは、意外と近いということが前回行ってわかりました。

p.s. 夏薔薇さんの歌、すてきですね。

夏薔薇さん、Kiyokoさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

夏薔薇さん、素敵な歌をありがとうございました。

Kiyokoさん、さいたまでのコンサートもどうぞお楽しみになさってください。

おふたりともアルバム「予感」を喜んでいただけましたようで何よりです。

まさしは一昨日、原宿でライヴ・イベントをやり、昨日から某所でコンサート・ツアーのリハーサルに突入しました。

八野さん、お返事ありがとうございます。

まさしさんの原宿ライブ、参加なさった方は幸せですね。わたしは、中吉と小吉でした。「大凶」が出るように、なんて祈ってひいたおみくじは初めてでした。きっとみんなそうだったのでしょう…。

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

聞いた話ですと、4万円位の買い物をしてくださっても「大凶」が出なかった方、偶然目の前で「大凶」を引き当てた方から当日はライヴに行けないからと行く権利を引き継いだ方、何度も引いてやっと当たった方など・・・。

こちらとしては、ただただ有り難いことだと思っています。

いつもながら、まさしさんの発する日本語の美しさには感動させられるばかりです。
目にして美しく、耳にも、更に優しく柔らかで麗しく・・・
言葉をとても大切に丁寧に紡ぎ出され、音声へと結び付けている印象が強く感ぜられます。
勿論、旋律の美しさ、声と楽器の融合の魅力は言うに及ばないところですが、八野さんの日記から現場での詳しいご説明を頂いた分、より深く鋭く感ずる事が出来たように思いました。
大変お忙しい中の八野さんのご好意には、本当にありがたく感謝いたしております。

このアルバムは、まさしさんも、八野さんも、これまでにないぐらい、精一杯、真心こめて、つくられた作品だとうかがっていたこともあり、受け取る私も、これまで以上に神経を集中させて一所懸命に何かを感じ取りたい、そう願いながら聴かせていただきました。
そして、ひととおり聴いて感ずるのは、どなたかもおっしゃっていらした、なんとも言えない懐かしさ、でしょうか。聴くたび、これまでの様々な曲たちが現われては去り、浮かんでは消え、、掘っても掘っても、汲めども尽きない何かが、染み出してくるのです。ギター中心というシンプルさがゆえに、なおさら感じられたのかも知れません。

“片恋”で始まり、“予感”で終わり、また“片恋”に戻る・・・
それは曲順ばかりではなく、このアルバムの多くの曲そのものたちが、どこか“片恋”に繋がっているように、私には感じられました。アップテンポな“思い出暮らし”さえも、ちょっとだけ自分の中でゆっくりに編曲しなおしてみると、どこからともなく、“片恋”へと自然に替わっていってもおかしくない、みたいな感覚、
だから、もともとゆっくりな“つくだ煮の小魚”や“静夜思”或い“予感”などは、“片恋”をオブリガートとして一緒に添えることもできるし、“静夜思”の歌い出し部分など、“片恋”とデュエットすらできそうな気がしてきます。
その“片恋”も、恐らく多くの方々が感ずるように、ギターの進行コードが耳なじみのある、前作の“LIFE”、“いのちの理由”、などと共通していて、そこら辺が、懐かしさ、深さの「ゆえん」なのかも知れません。

私の勝手な想像、妄想の世界を再び語らせていただくなら、前作のアルバム「美しい朝」には、生命について深く考え、感謝をする作品が含まれていましたが、
「たとえばふらりとお茶でもよばれるみたいに この世に生まれ ・・・ じゃあまたね」
“LIFE”や、
「私が生まれてきた訳は 父と母とに出会うため・・・愛しいあなたを護るため」
“いのちの理由”、
これらが意識無意識に下地となり、“片恋”が生まれ、それが今回のアルバム「予感」全編あちらこちらに埋め込まれ散りばめられ、刻み込まれているのではないかしら・・・と、
そして更に私の連想は、16年前のアルバム「おもひで泥棒」とも繋がっていきます。
“予感”を繰り返し心の中で反芻するうちに響いてきた「心配しなくていいよ おもひで泥棒なんていない」というフレーズ、そして、“何もなかった”から連想した“ひとりぼっちのダービー”、それらを含むアルバム「おもひで泥棒」は、おぐらひろかずさんのジャケットの作品でした。これは、もしかしたら、まさしさんが意識的に取り入れようとなさったのかも知れないな、などと・・・、
でも、これはあくまで私の想像、考え過ぎを不快に思われたならすみません。

けれど、いずれにせよ、今回のアルバムも予想を遥かに超える素晴らしさ、聴いても聴いても、ここ掘れわんわん、お宝がざっくざく、汲めども尽きぬ泉の如くな作品ばかり、もう、ただただ、ひたすら感歎、感謝感激、脱帽するばかりです。

それを支えてくださった、編曲の渡辺俊幸さん、八野さんはじめとする「チームさだ」の皆さまには、心より深く深く感謝を申し上げるしかありません。本当にお疲れさまでございました。
そして、まさしさんが持ってきてくださった「Dolce Gusto」にも、森永の「チーズスティック」にも、お礼を申し上げましょう、お世話になりました。
みなさま、本当にありがとうございました。

このたびは、素晴らしい珠玉のアルバム誕生、おめでとうございました!

おみくじの面白いお話、ありがとうございました。いろいろな人がいたのですね。昨年は私は一回であたりを引き当てたので、今回も、なんて虫のいいことは期待していませんでした。14日は行こうと思えば行ける条件が整っていたのですが、本当は自分のやらなければならない仕事もあったので、当たらなくて、ちょうど自分の首を絞めずに済んだ、と思っています。(いい方に考えるようにして生きております・・・。)

八野さんが書いてくださった「予感」の一連の記事、じっくり読んで、またライナーノートに戻り、アルバムを聴いて…と、楽しませていただいています。スタジオでのご苦労を少しだけでもお聞かせくださったことが、さらにこのアルバムのたのしみを深めてくれたように思います。ありがとうございます。

玲子さんのブログに八野さん発見!白鳥座のリハーサルでもお忙しいのですね。私は東京のチケットを買ってありますが、孫の誕生がその頃なので、退院してくるタイミングによっては姉夫婦に譲ることになるかも…となっています。
でも…ホントは行きたいなぁ!

凛さん、Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

このブログに書いてない細かいことはいくつもあります。全部書いてしまっては今後の楽しみが無くなると思い、あえて書きませんでした。
きっと繰り返し聴く度に新たな発見があると思います。
末永くお楽しみ頂けると幸いです。

聴いてくださる方に喜んで戴けると、自然と次の作品でも、聴いてくださる方が喜んでくださることをイメージしながら長いレコーディングを乗り切ることになります。まさにそれこそが僕らの原動力になります。
ありがとうございます。

先週はライヴ(月)とリハーサル(火〜金)、そして本番(土)の日々でした。

八野さん、連日の厳しいスケジュールの中、私の感想を読んでくださいまして、
更にまた、お返事までも、ありがとうございます。

これまで、皆さまがどれだけがんばってくださったか、お話しうかがっていましたので、
受け手の私としても、それに対しての感謝を、何らかの形で示したいと思っておりました。

それがこれら一連の感想でしたが、まだまだこれから、もっともっと楽しませていただきます。

色々と本当にありがとうございました。

オリジナルアルバムが出来上がるたびに八野さんの日記を読ませていただき、スタッフの皆さんがどんなに愛情を込めて作って下さっているか、どれだけ神経を集中させて、より高いクォリティーを求めて制作されているのか、よ~く伝わってきます。

昼夜を問わずご多忙な中で、一曲ごとの記録を取ってブログに書いて下さって、本当に感謝いたします。
「こうして、こんな状況で歌入れをしたんだよ・・音入れをしたんだよ」と知ると、歌を聴きながらも、その向こうの丁寧な丁寧な音づくり、まさしさんの“届けたい想い”がこちらの掌にまでこぼれて落ちてきて、すくえるような気がします。

大切に受けとめますね・・

「自由飛行館」懐かしいです。’80年.6.6の普門館で『防人の歌』を感動で心震わせて聴いた翌日、赤坂見附の「自由飛行館」近くの橋でばったりご本人と遭遇したこと!!
まだ開店前の時期だったのですね。今にして思うと、あれはもしかしたらルビコン川にかかる橋だった・・?
あれから30年・・

『予感』のジャケットの女性に、全然気づかなかった私ですが、トップ10に長く居座ってほしいとティアに祈ってます☆

凛さん、光さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

別に後ろ向きになって欲しい訳ではありませんが、例えば「何月何日に歌を入れた」というのが分かれば、その日に「自分は何をやっていたか」ということにきっとなるだろうと思いました。そうすることで、例えば思い出がひとつ増えるとかあるのではないか、その曲を思う材料が増えるのではないかと思いました。

ひとりでも多くの方にお聴きいただき、記憶に残るものになって欲しい、いつまでも現役のアルバムでいて欲しいと思います。

土曜日にさいたまでのコンサートに行ってきました。忙しい思いで、開演3分前に到着!3階の1列目という遠い席でしたので、ちょっと慌てました。

ほ~…と思わせるオープニング、そして心に届くエンディング…これからいらっしゃる方は、乞うご期待!今までとは少し違うさださんの魅力が引き出されているステージだったと思います。まだまだ長丁場ですが、スタッフの皆様もお身体大切に千秋楽まで乗り切ってくださいますように。

Kiyokoさん、こんにちは。

さいたまでのコンサートにお越しくださいまして、ありがとうございました。
まだまだしばらくは演奏曲目や曲順に変更があるかもしれませんが、コンサートのイメージや全体像はあまり変わらないと思います。

今までにお越し戴いた方にも、これからお越しくださる方にも楽しんでいただけると幸いです。

最後になりましたが、温かいコメントありがとうございました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)