« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月31日

色々あった1週間

今週の月曜日にチキガリのオリジナル・アルバムのレコーディングがスタートしました。
僕の方はそのディレクションをやりながらも2回ばかりスタジオを抜け出して、まさしの2つのプロジェクトをやりました。

そのひとつである、まさしのとあるプロジェクトのリハーサルを火曜日に名古屋の中京大学文化市民会館で1時間ばかりやりました。リハーサルが終わるやチキガリのいる東京のスタジオに戻りました。

木曜日はまさしの某番組の収録がありました。アレンジャーの渡辺俊幸さんが収録に立ち会えないとのことで、いつも通りにコントロール・ルームにいて録ったテイクがOKかどうかを判断するだけでなく、譜面の確認やらミュージシャンとの確認までやらなければならなくなり、かなり緊張した仕事になりました。
収録が終わるやチキガリのいるスタジオに駆けつけたのは言うまでもありません(この番組のミックス・ダウンは8月13日にやることになっていますので、全てが終了した訳ではありません)。

ここ数日の懸案事項だった、まさしの山中湖畔でやった3776回目のコンサートを収録したもののチェックもようやく終わり、少しホッとしたところです。

2010年07月27日

そっと、でも確かな存在感

薔薇のように華麗ではなく、百合のように強い香りは放たなくても、そっとではあっても確かな存在感を持って傍らに咲く花がある。
僕にとって男子バレーボール界に於けるそういう存在は先日他界された中村祐造さん。

1964年の東京オリンピックに於いて金メダルという大輪の花を咲かせた女子バレーの陰で、世間からはあまり相手にされないでも銅メダルという立派な花を咲かせた男子バレー選手のひとりだった。その後、男子バレーの監督に就任した松平康隆さんは8年計画を立て、68年のメキシコで銀、72年のミュンヘンで金メダルという大輪の花を咲かせたのだが、中村祐造さんはそのミュンヘン大会の主将だった。

素人には世界情勢など解るはずはないけれども、当時の男子バレー界ではソ連、東ドイツが強く、日本が追いつき追い越そうとしていたのだと思う。

ミュンヘンの大舞台の準決勝戦のことを今でも記憶している人は多いと思うが、日本はブルガリアと対戦し、先に2セット連取されてしまった。絶体絶命のピンチの中、若手の主力選手に替わってベテランの中村祐造さんと南将之さんがコートに入り、そのピンチを脱出したばかりか、その後3セット連取して勝ち進んだ。これは後に「ミュンヘンの奇跡」とまで呼ばれた。

個人的には、スポーツでこれほどまでの興奮と感動を味わった記憶はなく、今でも一番映像として欲しいもののひとつだ。
きっと多くの人にとって、「最後まで諦めてはいけない」と心から思わされた出来事のひとつであるに違いない。

中村祐造さんのご冥福をお祈り致します。合掌。

2010年07月26日

新たなプロジェクト

チキガリの新たなプロジェクトが本日スタートしました。

現在のところ順調に進んでいますし、出来もなかなか良い感じです。

最初に川上リード・ヴォーカル、そして別曲の小林リード・ヴォーカルを録り、その後、小林リードの曲のコーラス録りを完成させました。そして小林リード曲のエディットに突入し、22時までやってお開きにしました。

乞うご期待! です。

2010年07月25日

円熟

先ほど六本木から帰宅しました。
スイートベイジルでやった3年ぶりの白鳥座のライヴは超満員のお客様をお迎えしてとても盛り上がりました。どうもありがとうございました。
ツアー最終日の今日(実際には昨日)は、スペシャル・ゲストとして初代リーダーの森谷有孝さんが数曲参加してくれました。

一番嬉しかったことは、「あの頃」から支えてくださっているファンの皆様が、「今」も変わらずに温かく見守ってくださっていることです。そして、それぞれのメンバーが「あの頃」よりも成長して、円熟期を迎えていること。間違いなく今までで最高のコンサート(ライヴ)でした。
偉そうな言い方で恐縮ですが、「あの頃」から4人に共通する個人的に望んでいたことがあるのですが、そこに見事に辿り着いていました。30年かかりましたが、そこに行くのは実に大変なこと。
森谷さんが数曲演奏した後、ステージを降りて僕の隣に座ったのですが、彼も4人の成長に感心していました。

もう彼らとは30年以上のつきあいになりますが、ひとりひとりといくつもの思い出があります。
例えば高比良とはお互いの家に泊まって、作品や音楽について語り合ったり。玲子とはデビュー前に会社の倉庫に一緒にこもってギターの練習をしたり、後に曲作りをするようになるであろうことを思って作曲理論(コード理論)をレクチャーしたり。ア・カペラ・コーラスの練習は4人が僕の周りを囲んでやったり。晴人を白鳥座のオーディションに誘ったり(審査員は、まさし、渡辺俊幸さん、繁理社長、僕の4人)。

白鳥座は「あの頃」魅力を放っていましたが、その楽曲の素晴らしさと共に「今」も輝きは色褪せてなく、いやそれ以上に「今」が旬なのではないかと思いました。

2010年07月23日

癒し

最近、仕事でやらなければならないことが数多くあり(関わっているプロジェクトが10あります)、ヘビーな毎日を送っているのですが、それに輪をかけるようにプライベートでも抱えていることがあります。

体調も思わしくない日が続いていたので、先日、意を決して病院に行きました。
ドクターからは休息(特に睡眠)をもっと取るようアドバイスされてはいるものの、なかなか儘なりません(その他にも時間を見つけては歯医者さんと整体にも通っています)。

今日、しばらく忘れていたことがあることに気がつきました。
就寝前にペルトの音楽を聞くことです。
これで精神的にリラックス出来て、きっと体調も良くなることと思います。
アルヴォ・ペルトの静謐で美しく、しかも癒し効果がある音楽は疲れている方にオススメです。
興味のある方は下記のURLを。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2657558

2010年07月17日

遂に「3776」回

主婦の皆さんからは笑われそうですが、僕にしては珍しく早く6時に起きました。
そして久しぶりに小田急ロマンスカーに乗って新松田でJRに乗り換え、御殿場に向かいました。
そこからはユーキャンの方の車に便乗して山中湖へ。

僕らスタッフと同じように午前中に現地に到着していらした方もかなりいらっしゃり、炎天下でお待ち頂くのはとても申し訳ない気持ちでいっぱいでした(何十人か入れるテントはありましたが・・・)。
そして野外の会場がいっぱいになる約5,000人の方にお越し戴き、有り難い気持ちでいっぱいでもありました。

山中湖畔は例年7月には4日程度しか晴れることがないと聞き及んでいましたが、今日は見事な快晴で夕方にははっきりと富士山を拝むことが出来、映像的にも素晴らしいものになったと思います。
後日オン・エアーがあると聞き及んでいますので、お越し頂けなかった方々にもお楽しみ頂けるものと思います。

2010年07月16日

花咲きぬ

昨日はさだまさし作品を女声コーラスにした「花咲きぬ」(CD、楽譜)の発売日でした。
興味のある方は下記のサイトをご覧ください。

「CD」
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3851792

「楽譜」
http://www.amazon.co.jp/女声3部合唱-ピアノ伴奏付-さだまさし-女声コーラスアルバム-「花咲きぬ」/dp/4117372017/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1279278151&sr=1-1

2010年07月15日

久々にヘビーな・・・

今週月曜日から大阪でチキガリの新しいプロジェクトのレコーディングをしていました。

3日間で3曲のレコーディングはそれほどヘビーではないのですが、今回はステージなどでやっている曲ではないこと、全員で練習をしたことがない曲が含まれていること、時間的な問題でエディットも並行してやらなければならなかったことなどがあって、最終日の昨日は朝10時にスタジオ入りし、作業を開始して、終わったのが今朝の6時でした。
2回の食事休憩を挟んではいるものの、連続20時間は久々でした。

ホテルで1時間ほど眠って東京・四ツ谷の事務所に戻ってきました。

2010年07月09日

チキガリの3つのプロジェクト

既に発表されていますが、元「シブがき隊」の布川敏和さんのプロジェクトにチキガリがコーラスで参加させて頂いています(僕は関わってはいませんが・・・)。
http://www.u-canent.jp/fuckn/index.html

まだ内容は明かせませんが、チキガリの新しい別のプロジェクトが来週頭にスタートします。

そして更にもうひとつのプロジェクトが今月末にスタートします。

しばらくの間は「チキガリ三昧」です。

乞うご期待!

2010年07月01日

かなり滞ってしまいました・・・

先月の12日以来ブログを更新しない日が続いてしまいました。
基本的にさだまさし、佐田玲子(白鳥座)、チキガリ、3チーム全てに関わっていると日々色々なことがあります。
僕が関わっている進行中及び準備中のプロジェクトが合わせて8つあり、全く休みが取れない状況が続いています。
一昨日はとうとう体調がこれまでにないほど悪化し、休みを取らざるを得ない状況になってしまいました。
昨日の松戸・森のホール21でのコンサートから現場に戻り、今日は朝から事務所で仕事をし、これから例の「3776」のリハーサルへ向かいます。

気持ちはもうすっかり元気です!
暑くて湿気の多い時期ですので、どうぞご自愛ください。