« 昨日と今日は | メイン | 無事に終了! »

紙ジャケット&最新リマスター 2

2007年5月18日に「紙ジャケット&最新リマスター」というタイトルで、ここ10年位のレコード業界のトレンドについてここに書きました。

ご存じの方は多いと思いますが、7月21日にワーナーミュージックジャパンさんからグレープとさだまさしの最初期のものが、まさにそのような形でリリースされました。
ジャケットは残念ながらオリジナルの写真や版下から制作したものではなく、オリジナル・ジャケットをスキャニングしたもののようですが、その仕上がりは良く、僕の周りでも好評を博しています。

かつてワーナーさんからリリースされたワーナー(JCM)原盤のものは、グレープ、さだまさし、それぞれオリジナル・アルバム3枚ずつですが、今回はこれに加えてシングルを発売順にそれぞれ1枚のアルバムにしたものを加え、4枚組になっています。
これらは僕にとっても永久保存盤になりました。
初回生産限定盤のようですので、興味のある方は早めに入手する方がいいと思います。
<グレープBOX>
http://wmg.jp/artist/grape/WPCL000010817.html
<さだまさしBOX 1976〜1978>
http://wmg.jp/artist/grape/WPCL000010821.html

コメント

八野さま
こんにちは
ご無沙汰してます。相変わらず多忙の毎日を過ごされているのを止ませて頂き本当にお体は大丈夫なのだろうか?いつか取り返しがつかないことになるのではないかと気になっております。どうぞ睡眠だけでも十分にとってください。
さて、話題のboxは僕も当初購入を迷ったのですが、紙ジャケはLPを購入した自分にとってある種のこだわりと懐かしさみたいなものなので結局予約購入してしまいました。八野さまの購入動機はどうだったのでしょうか?
グレープ時代の3作は5回目の購入になりますが実際商品が届きその丁寧な作りに購入して良かったなと思っています。さだまさしソロ3作のジャケット特に「帰去来」のざらつき感など嬉しい限りでした。歌詞カードはまっさんのサービス精神旺盛な盛りだくさんの内容のため文字が小さすぎて、その役割は全くありませんが(笑)その分ブックレットで補われています。レーベルがエレクトラの毛虫やアゲハ蝶は懐かしい限りでした。CDの装丁はシングルのようなレコードを再現したものに統一、ブックレットは右開きの縦書き、帯が本当のタスキであれば200点だったと思います。ユーキャン(夢供養以降)が紙ジャケ発売になることは無いと思っていますが、もしあるとしたらその辺も考慮されると嬉しいです。
15日の「精霊流し」に八野さまが参加できないファンの代表として佐田雅人氏を見送って頂けると有り難いなぁと勝手なことを考えております。済みません。

まっちゃんさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

そしてご購入ありがとうございました。
僕もかつてLPを持っていましたから、あの質感が再現出来ているかどうかが鍵でした。
CDラックに入れておくことを考えると、紙ジャケットはその微妙なサイズゆえに辛いところはありますが、やはりあの独特な質感と触れた時の何とも言えない温かさに惹かれてしまいます。
ですから出来の良い紙ジャケットのシリーズは極力入手するようにしています(前にも書きましたが特にSonyのもの)。
また、個人的にはライナーは縦書き、歌詞は横書き、というのが理想ですが、このあたりのことは僕が決めることではありませんので・・・。

ファンの皆さんのお気持ちと一緒に明朝長崎に向かいます。

八野さん、こんばんは!
今日のミックスダウンは順調に進みましたでしょうか?

いよいよ明日は長崎ですね。
そして、明後日は元会長様との最後のお別れ。元会長様とのお約束だった合唱の楽譜&CDの事もきちんとご報告もできますね。
あと、私達ファンの感謝の気持ちも一緒に伝えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
気をつけていってらして下さいませ。

お忙しいようですが、ファンとしてはいつも更新を楽しみにしております。

毎度お聞きしたいことがいくつかありますので、お時間のあるときに返信いただければありがたいです。

1.白鳥座のアルバムのCD化はなかなか難しいと玲子さんもラジオで話されていましたが、レーベルの契約問題でしょうか?Singlesに未CD化2曲を加えて完全版の発売も困難でしょうか?

2.Free Flightレーベル発売分のさだまさしさんのオリジナルジャケットでの再発売は今後予定がありますか?またオリジナルジャケットでの紙ジャケでの発売も合わせて予定がありますか?

3.長年の疑問です。
アルバム「夢供養」の”風の篝火”の曲の終わりごろノイズ(何かが当たったか倒れたような音)が入っていますが意図的なものでしょうか?

細かい質問ですがご容赦ください。

ぷうやんさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

さて、ご質問の件です。

1に関してですが、契約上の問題はありません。白鳥座のレコードはフリーフライト(さだ企画)原盤ですから、どこかのレコード会社が希望し、双方の条件が合致すれば可能です。ただし「singles」を発売した時と現在ではCD製造工場の受け入れ条件(マスターの形態)が変わっているので、昔のマスター・テープでは受け付けてくれません。
まだまだこの他にも問題点はありますが・・・。

2はおそらくないと思います。
ジャケットは原則として、その当時発売したレコード会社が制作し、権利を持ちます。この制作する、ということには制作費を払っている、という意味もあります。
例えばワーナーさんからリリースしたLPやCDのジャケットを現在のレコード会社であるユーキャンさんが使用することは出来ません。

3です。最後の「カタン」という音のことですね。残念ながら僕が担当する直前の作品ですので、分かりません。

返信ありがとうございます。

1.に関しては、他のアーティストにも言えますがサウンドの流行によるのかアナログ音源を取り込んだ後の音の処理に悩むことが多々あります。そのあたりもCD化の足かせになっているのかもしれませんね。玲子さんの30周年も近いので大英断を期待しています。(いっそのことワーナーで発売してくれませんかね?)

2.に関しては、ワンダーやテイチクで発売した分はジャケットの権利をワーナーから借りて発売したという解釈でいいですか?

3.に関しては、当時のスタッフさんが現在ではいないのでわからないという感じですね。

細かい質問にお答えいただきありがとうございました。

最期にもう1つだけ・・・(しつこい)

さだまさしさんが他社の企画に参加された音源を集めて1枚に収めることは可能ですか?

「加山雄三ショー」や「美空ひばりトリビュート」etc・・・
「エンピツが1本」の入ったCDを探しているのですが見つからないので・・・。


ぷうやんさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

>2.に関しては、ワンダーやテイチクで発売した分はジャケットの権利をワーナーから借りて発売したという解釈でいいですか?

対価を支払って借りたということです。

>さだまさしさんが他社の企画に参加された音源を集めて1枚に収めることは可能ですか?

発売したいと思う会社と、それぞれの音源を所有している原盤制作会社やレコード会社の思惑が一致し、印税率などの折り合いが付けば可能です。

初めて投稿させていただきます。
私も、今回のBOX2種については、散々悩んで結局買ってしまいました。同じタイトルばっかり(レコードも含めて)買ってもどうかと思いつつ、当時のジャケットを非常に丁寧に再現した装丁に、満足しています。

ところで、質問させていただきたいのですが、現在入手可能な「夢供養 プライス・ダウン・リイシュー盤」と、既に生産完了の「夢供養リマスタリング メモリアル盤」は、同じリマスターなのでしょうか?

それとも、リイシュー時に、さらに新たなマスタリングをされたものなのでしょうか?

捨てられないレコードの山と旧譜のCDを横目に見つつ、リマスター盤について買おうか、買うまいか、買うならどちらにしようかと悩んでおります。

アレレのおじさんさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

お買い上げありがとうございました(と言っても弊社の商品ではありませんが・・・)。

さて、「夢供養 プライス・ダウン・リイシュー盤」と、既に生産完了の「夢供養リマスタリング メモリアル盤」の件です。
僕自身が工場にマスターを納品する立場ではありませんので、ハッキリとは分かりませんが、ユーキャンさんからリリースされた2つの商品は同じマスターのはずです。

ユーキャンさんにレコード会社を移籍してリマスターしたものは基本的には劇的に音質が向上していると思います。
よって音質面からは現行商品をお買い求め頂くのが最良だと思います。

八野様
ご丁寧にコメントいただき、ありがとうございます。
リイシュー盤は購入していなかったので、これから揃えて行こうと思います。コメントを拝読して、決心できました!

帰去来の初CD化盤と今回のBOXを聴き比べて、技術の進歩に驚きました。
きっと、夢供養以降の作品でも、それ以前のリリース版と、ユーキャン盤を比べたら、同じようにブラッシュアップされているのでしょう。
たいへん楽しみです。これから早速購入しに行きます!

前に書かれていた方と同じようにジャケット写真だけが残念です(苦笑)。
同時に撮影したカットのうち、全く同じでない微妙に違う写真を使って似せた雰囲気でジャケ写を作るとか出来ないものなのでしょうか?(笑)。

「夢供養リマスタリング メモリアル盤」のジャケットは、LP版の裏面の写真と同じ?だったような・・・。メモリアル盤は買い損ねたので、記憶違いだったら申し訳ありません。

いずれにせよ、これで心置きなくリイシュー盤を揃えて行くことができます。ありがとうございました。

アレレのおじさんさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

技術の進歩は凄いものがありますが、こちらで何度も書いていますように、誰がどのような感覚でやるかの方が遥かにサウンドの差を生じさせますので、リマスターの全てが良いとは言い切れないと思います。あくまでも個人的な意見ですが・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)