« 無事に終了! | メイン | 魅惑の3人 »

精霊流し

今夕、長崎から帰宅しました。
14日の朝、羽田を発ち長崎へと向かいました。
ホテルにチェックインした後、初めてナガサキピースミュージアムに。

長崎だけでなく仕事で地方に行くと大抵はホテルと仕事場の往復と打ち合わせを兼ねた食事位しか外に出る時間がありませんので、ほとんど地理も分からずじまいで帰京します。
そのためピースミュージアムにすら実際には行ってないなどということになってしまいます。

ピースミュージアムに着き、現在はピースミュージアムのアドバイザーをされている宮本さんにお会いし(知り合ってもうかれこれ30年近くになります)、建物の特徴を説明して頂いたり近隣を案内して頂き、とても貴重なひとときを過ごしました。
http://www.nagasakips.com/

夜は仕事仲間と中華街の江山楼で食事。途中でまさしも登場し、楽しいひとときに(僕はまさしと少し仕事の打ち合わせ)。

15日午後に中央公園に置いてあった精霊船を自由飛行館前まで運び、18時半の発進の時を待ちました。
大渋滞で船は遅々として進まず、港までは約4時間かかりました。
話には聞いていたのですが、県庁坂を下りて、大波止交差点に着く頃には足がだんだん重くなりました。これは単に疲れたという訳ではなく、故人を思い切るということに対する心の問題なのでしょう。
僕にとっては初めての精霊流しでしたので、まだまだ本質を理解出来たとは思えませんが、担ぎ手のひとりとして参加させて頂きましたので思うところはありました。
今は亡き会長へいくつかの報告をさせて頂いたり、感謝の意を述べさせて頂いたり、日頃からまさしを応援してくださる皆様のお気持ちも伝えてきたつもりです。
会長も喜んでくださったと思います。ありがとうございました。

明日からチキガリのレコーディングが再開されます。

コメント

八野さん、本当にお疲れ様でした。

15日は「グレープ・ベスト」や「花咲きぬ」を1日中聴いていました。(「わすれもの」はまだ持っていないので。)さださんの声と精霊流しの音が入ったものを聴きながら雰囲気を思い浮かべつつも(実際は存じ上げないのであくまで想像ですが)、先日来お聴かせ頂いてる「花咲きぬ」のコーラスがとても耳に馴染んで、それを聴きながら大勢の方達と一緒に会長様の事を想ってるようなそんな錯覚も抱きながら何度も何度もお聴かせ頂いておりました。
夜桜大学?の松本教授(笑)??がツイッタ―で本当にこまめにお写真付きで状況をお教え下さってましたので、遠くにいても気持ちだけはご一緒させて頂いてるようなそんな気持ちでいました。また、「翔べイカロスの翼」のソフト化をお考えの(実際にはかなり難しそうですが)Mさんのブログでもこまめにアップして頂いてましたので、本当にありがたく思っておりました。

それにしても、実際に船を曳いて歩かれた方々におかれましては本当に長時間で大変だった事でしょうね。
やはり船を曳きながらそれぞれの方がいろいろな想い出を思い出しながら過ごされたのでしょうね。

本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

早速また明けて今日より、チキガリのレコーディングが再開されるのですね。本当にお疲れ様です。今週もレコーディングがスムーズに進みますようにと願っております。

精霊流しお疲れ様でした、私は長崎まで行けませんでしたが松本秀男さんがTwitterで随時写真を投稿してくださってたのでリアルタイムで見る事が出来ました。まさしさん達御家族・親戚・関係者の方達・ファンの方達に見送られて雅人さんは喜んでいたでしょうね、今日からチキガリのレコーディングとの事ですが熱中症に気を付けて頑張ってくださいね

八野さん、お帰りなさい、
そして、初めての精霊流し、お疲れさまでございました。

お話しの中にあった、
「故人を思い切るという心」
私は今、そのお言葉の重みを噛みしめています。

私たちの気持ちもお伝えくださったとのこと、
きっと、そうしてくださったに違いないと思っておりました。

本当にありがとうございました。

大移動の大仕事の後、お疲れの出ませんように・・・
今週もどうかお元気にお過ごしになれますように・・・
お祈りさせていただいております。

あ、今、会長さんが、ニッコリなさったように見えました。

おめめさん、後藤尚代さん、凛さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

爆竹の爆音には心底驚きましたし、「想い」や「重み」を痛感しました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)