« 笑わなしゃーない | メイン | 音には魂がある 2 »

音には魂がある

音にも魂があると思っています。

チキガリのニュー・アルバム「笑わなしゃーない」のレコーディング、エディット、ミックス・ダウン、マスタリングが終わり、続けて5月にやった「まさしんぐWORLD2010」のレコーディング、エディット、ミックス・ダウンしたもののマスタリングをやり、更に続けて「北の国から2010 -遙かなる大地より〜螢のテーマ-」のミックス・ダウンが終わったのは9月6日のこと。
7日はエンジニアの鈴木智雄さんと待ち合わせて、群馬県の伊勢崎市に向かいました。

近年、我々のレコーディングに高級オーディオ・メーカーの「Accuphase」さんとアクセサリー・メーカーの「Acoustic Revive(これはブランド名で、社名は関口機械販売)」さんに無償で機材を提供して頂いています。
そこで伊勢崎市にあるAcoustic Reviveさんにお礼に伺った訳です。
社長の石黒さんと色々と話し込み、最近スタッフになられたYossyさんの案内で近年話題のPCオーディオを体験させて頂きました。

その日にお借りした「ACスタビライザー RAS-14」を、本日やっとオフが取れたので自宅で試聴しました。
先日のチキガリのミックス・ダウンでも使わせてもらいましたので、だいたいの素性は分かっていましたが、改めて自宅で聴かせて頂くと、更に色々なことが分かりました。

まずSN比が格段に向上し、周波数レンジとダイナミック・レンジが拡大する。情報量が増え、解像度が増す。立体感が増し、歌や演奏が目の前で行われているように感じる。手を伸ばせば演奏者に届きそうだ。
そして一番気に入ったのが、クレッシェンドが本来の意味のクレッシェンドに聞こえること。
これはちょっと分かりにくいことだと思いますが、こういうことなんです。
僕は自分でディレクションしたものやアレンジしたものに関して、クレッシェンドはアンプのボリュームを上げるのとは異なり、単に音を強く、大きくするのではなく、そこに演奏者の気持ちをのせるようにお願いしています。これが上手く行くとより強く音楽に魂がのります(これは単に僕の思い込みに過ぎないのかもしれませんが、明らかに僕には異なるものに感じます)。

この「RAS-14」を使うと音楽に(特にクレッシェンドに)魂がのっていることがより強く分かります(雑味が取り払われたので本来あるものが正しく再生されているのだと思います)。
演奏者の、プロデューサー(ディレクター)の、エンジニアの、音楽や作品に対する愛が魂として聞こえてきます(そう感じる、ということです)。
聴いている音楽の深みが増し、感動が何倍にも増幅し、今まで聞こえなかった数々の音も聞こえてきました。
スメタナの「モルダウ」冒頭のフルート奏者2人の掛け合いがその音色の違いまで手に取るように分かり、ある部分では今まで聞こえてこなかったハープの音まで聞こえてきました。
続けて聴いたストラヴィンスキーの「火の鳥」においても、これまで以上の立体感と共に劇的に進化した音が聞こえてきました。
こんな経験をしましたので、もう手放せなくなってしまいました。

コメント

八野さんおはようございます、そういえばまさしんぐWORLD2010はテレビ放映も映像化もまだでしたね。やる予定はあるんですか?それとチキガリの上海コンサートは出来るんでしょうかね?

我が家の「ACスタビライザー RAS-14」は取り付け後2週間経ち時間と共に馴染んできました。音は益々自然になり何も考えずに音楽に没頭出来る様になっています。

何十年も掛けてオーディオシステムに手を加えてきました。
此処まで来ると”普通に良い音”を再生することがいかに大変か、改めて思う所が沢山
有ります。また少し時間が経てば新たな改善点が見えてくるのでしょうが。
今現在でも望外の音を手に入れることができています。

スタジオでもお世話になっているAcoustic Revive製品を使うことで、
ここ数年録音の音質クオリティーは飛躍的に良くなったと自負しています。
いわゆるこれ見よがしの音の良さではありません。現実感が増す事に成るので余り音が良くなったとは感じて頂けないかとは思いますが。
皆様には音楽を依り身近に感じて頂けると表現すれば、ご理解頂けると思います。

石黒さんとの出会いは稀に経験する幸運と思います。

後藤尚代さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

「まさしんぐWORLD2010」のテレビ放送やDVD化はないと思います。

ともおさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

石黒さんにはいつまでも元気でご活躍して欲しいと思います。

えー今年のは放送も映像化もないんですか?楽しみにしてたのにー、ショックです

後藤尚代さん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

オン・エアーもコンサートのフル・サイズでのDVD化はおそらくないと思います。
これは通常のようにテレビ・カメラ6、7台使った収録をしてなかったからです。
テレビ・カメラ1、2台での収録ですと、映像にヴァリエーションを持たせることが出来ないので、DVDをご覧頂く方が飽きやすいからです。

一般論ですが、①機材のランクや数的に最高のクォリティで映像を録ってはいるが、音はそれほどではない場合、放送使用はあってもフル・サイズのDVD化はありません。
②機材のランクや数的に最高のクォリティで音を録ってはいるが、映像はそれほどではない場合、フル・サイズのCD化はあってもフル・サイズのDVD化はありません。
③映像はテレビ・カメラ5台以上、音はProToolsによるマルチトラック・レコーディングしたものであれば(後に映像も音もかなりの時間をかけて更にクォリティを上げるために後処理する)、フル・サイズのDVD化(勿論、放送、CD化も可)は充分に可能、ということです。

八野さま
こんにちは。ご無沙汰してます。
お元気でしょうか?
11/3に 
「父を送る まさしんぐWORLD CONCERT 2010」のCD発売を知りました。ブログでフルサイズのdvd化はないと断っておられた意味がようやく判りました。亡き会長を偲ぶに大変貴重なCDとなります。又、いよいよ30年ぶりの東大寺のコンサートが迫っていますが今回は収録予定がありますか?
年末のコンサートも控え相変わらず大変だと思いますがどうぞお体を大切にしてください。ご成功をお祈りします。

まっちゃんさん、こんにちは。
温かいコメントありがとうございました。

「父を送る」は5月20日のコンサートを収録したものをCD化したものです。
佐田玲子、チキガリを除いて、まさしのコンサート部分を基本的にフルで収録しています。
この「基本的に」というのは微妙な表現です。

当たり前のことですが、CDには映像がありませんので、コンサート中の無音の部分ではまさしが何をやっていたのかは分かりません。トークに於いて聞き苦しい咳払いや言い間違えてその場で修正していたりなどということもあります。更には誤解を与えやすい表現(映像があればまさしの表情からシャレだと分かっていても、音だけだと微妙だとか)もあります。
極力まさし本人が生でやったことを尊重しながら、わずかにカットしているところはあります。

少数ですがごくたまにCD2枚にも入るのに3枚にしているのは不必要に価格を上げているのでは、というご意見も頂きます。
勿論、お気持ちは分かりますが、そのようにしづらい部分はあります。
ご承知のようにCDには最大限80分入りますが、CDプレーヤーによっては80分近いものはエラーしやすいというデータはありますし、時間的に1枚目から2枚目に替えるところが曲の途中だったり、曲続きの途中だったり、トークの途中だったりします。
そうすると明らかにコンサートの流れを損なってしまいます。

「父を送る」には特典映像としてDVDを1枚付けています。
「戦友会」「銀杏散りやまず」「精霊流し」を収録したものです。「精霊流し」には、佐田家の精霊流しの模様をインサートしています。このDVDの制作が終わったのは数日前でした。

さて、16日に行われる東大寺でのコンサートは、音も映像も出来うる限り最高の機材、最高のスタッフで収録するべく準備中です。
コンサートが終わってみないと、商品化やオン・エアーなどは分かりませんが・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)