« 超お買い得! | メイン | 夜の散歩 »

ミックス・ダウンに突入

「光明皇后1250年御遠忌法要 さだまさしコンサート」のエディットは先週いっぱいで終了し、今朝、ミックス・ダウンに突入しました。

コンサート当日の現場では照明回線の影響による音声ノイズが気になっていましたが、ミックス・ダウンを始めてみると心配していたほどではないことが判明しました(勿論ノイズが少なくなるようにしかるべき手は打ったのですが・・・)。
レコーディング・スタッフ皆で、ホッと胸をなで下ろしたところ・・・。
やった〜、よかった〜〜〜。

コメント

八野さん、こんばんは!

とっても嬉しいお知らせです。ありがとうございます。
「光明皇后1250年御遠忌法要 さだまさしコンサート」に参加できなかった私にとっては、ぜひぜひ手にしたい物です。コンサートが終わられて早速エディット作業の毎日だったのですね?ありがとうございます。ミックスダウンのご作業もスムーズに進みますように!
本当に本当にありがとうございます。

おめめさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

商品化されるかどうかはまだ分かりませんが、とりあえずオン・エアーに使うための音を最高のものにするべく作っています。

週末までにミックス・ダウンを終えて、出来上がった音を映像チームに渡すことになっています。

「やった~、よかった~~~」、
八野さんのお気持ち、そのまんまの表現に嬉しく反応してしまいます、
はい、それは・・・、
「本当によかった~!!!」

東大寺コンサートのオンエアーに向けての大変な作業、
本当にお疲れさまでございます。
どうかこのまま順調に進みますように!

凛さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

現在、作業は順調に進んでいます。

これまでで最高の映像作品になるように皆で頑張っています。

お疲れ様でした、私は行けませんでしたし、テレビでも見れそうもないので映像化(DVD化)を待つしかないな

いつも楽しく読ませて頂いてます。今回初めて書かせていただきます。
実は当日東大寺公演に行ってたんですけど、席は右側のスピーカーの下でした。
いつもコンサートでは感じない、音の違和感がありました。
特に曲と曲との合間にある無音の際に聞こえるジリジリと聞こえるノイズが。
不快とまでは思いませんでしたが、さださんの世界に引き込まれましたので、最後は気にならなくなりましたが、収録されてたそうなので後の調整が大変だろうなと思ってました。
是非DVDがでれば是非見たい、すばらしいライブでした。

後藤尚代さん、Fujiさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

何度も書いてきました通り、まだDVDなどの映像商品として発売するかどうかは分かりません。しかし僕らレコーディング・スタッフとしては、商品化しても問題ないように最大限のことをやるだけです。

さて、当日会場でお感じになったノイズは、前にも書きました通り、音声回線に照明回線からのノイズが混入したものと思われます。
通常のさだまさしコンサートは音声回線も照明回線もいつものスタッフが引き回します。
よってそれらの回線を同じ場所に束ねるようなことはしませんので、仮にノイズが混入していたとしてもごくわずかなものになります。

今回の東大寺でのコンサートは、さだまさしの前後の日にちにも同じ場所でコンサートが組まれていたため、さだまさしチームによる回線引き回しではなく、始めから用意されたものを使うしかありませんでした。

何故そのような素人さんがやるような引き回しになったのかは知るよしもありませんが、こちらサイドとしては物理的にも時間的にもそれに従うしか選択肢は残されてはいませんでした。

当日のPAチームは最大限のことをやったはずですし、僕らレコーディング・スタッフも当日、最大限のことをやりましたし、現在行われているミックス・ダウンにしても極力ノイズが気にならないように最大限のことをやるのみです(もっともミックス・ダウンはノイズ除去処理のためにある訳ではありません。音楽を作る要素の方が遙かに多いですが・・・)。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)