« ひと月後に迫ってきました | メイン | 映像作業最終日 »

アルバム「笑わなしゃーない」1

今回のチキガリのアルバムは基本的(この「基本的」ということは後述します)にカバー・アルバムではなく、約2年半ぶりのオリジナル・アルバムです。

今回はオリジナルで行くとかなり前から決まっていて、メンバー各自曲作りに励んできました。
敢えてコンセプトは決めずに、既にコンサートやライヴで発表済みの曲であることにもとらわれず、クォリティが高くリスナーの皆さんに喜んで頂けるような曲を1曲でも多く揃えるようにと考えていました。

アルバム1曲目に収録している「Overture 〜夢の出逢うところ〜」はラスト曲のイントロ部分を抜き出したものです。
この曲の詳細はラスト曲のところで触れます。

タイトル曲「笑わなしゃーない」は濱田作品で、僕のところに届いたデモは完成度はあまり高くはないものの(何しろ自宅で録るのですから)、アイデアとインパクトに溢れており、個人的には最初の曲作りの締め切りの頃に聴いた曲の中では最も印象に残った曲でした。実際、この曲の歌詞のように考えている会社員は多いと思いますし、お聴きになった方の共感を得られると思いました。
ですから聴いた瞬間にレコーディングしたいと思った(完成形がイメージ出来た)曲の最右翼がこれでした(メンバーのレコーディング希望曲リストにはありませんでしたが・・・)。

濱田のデモで彼のイメージも分かり、「クレージーキャッツが今やったらこういう風にするのではないか」をテーマにアレンジやレコーディングを進めるべきだと判断しました。作業中も全員が楽しみながら作業し、スタジオ内のテンションは最高潮に達していました。メンバー全員が良い味を出し切っており、スタジオに来てくれたさだ企画社員にも手伝ってもらってガヤ(ムード歌謡のようになっているあたり)のレコーディングをしました。
予想通り、レコーディング中、僕らがこもっていたスタジオにお客さんが来るとこの曲で盛り上がりました。

ちなみに、ご存じの方もおありでしょうが、クレージーキャッツのアレンジをなさっていたのは萩原哲晶(はぎわらひろあき)さんという方です。彼の名前を僕が小学生の時に最初に認識したのは人気TVアニメ「エイトマン」の作曲者としてでした。その後、クレージーキャッツの諸作品が彼のペンによるものだと知りました。残念ながら1984年に比較的若くして病気で鬼籍に入られています。仕事をご一緒したくても叶わなかった二人のアレンジャーのうちのひとりでした。

コメント

八野さん、こんばんは!

「笑わなしゃーない」のお話ありがとうございます。最初、CDタイトルを初めてTwitterでお教え頂いた時、ほんと?マジで?なんちゅうけったいなタイトル名!?というのが第一印象でした。そして、一体どんなアルバムなのかしらとますます気になってしまったのでした。♪笑わなしゃーない♪をレコちょくさんで初めて聴いた時には、とっても面白くて早くフルで聴きたいって思いました。(ブログにも書かせて頂いたのですが、今までの私が勝手に抱いてた濱ちゃん様のイメージと全く違った感じでビックリするのと同時に早くフルで聴きたいって思っちゃいました。詩だけじゃなく、曲の感じ、アレンジの感じも私の抱いてたチキガリ様のイメージじゃなくてとっても面白く感じました。)で、ジブリ・アカペラスタイルプレミアムライブの時に濱ちゃん様ヴァージョンではなく小林さんヴァージョンの♪笑わなしゃーない♪を見させて頂いてお聴かせ頂いた時には、本当に笑っちゃいました。ほんと、「笑わなしゃーない」そのものって思いました。ムード歌謡のようになっている部分とっても受けました(笑)。今思ってるのは、もう既に忘年会シーズン始まってきてるみたいですが、これ、カラオケで歌ったら絶対受けるだろうなぁです。(勤務先の忘年会ではカラオケやりませんし、まだ、カラオケになっていないようですが。)

他の曲についてもまたお教え頂けること楽しみにしています。よろしくお願いします。

おめめさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

確かに「笑わなしゃーない」をカラオケで歌ったらウケるでしょうね。

はい、他の曲のことも書こうと思っています。

チキガリをお聴き頂き、ありがとうございます。

八野さん、今頃ですみません。
「笑わなしゃーない」はずっとヘビーローテーションです。
初めて聴いたのは神戸のジブリのインストアライブでした。
正直目と耳を疑いました!
「なんちゅうー曲や」と思いました。歌だけでなく踊りもコミカルで・・・
いつも美しいハーモニーのチキガリさんがアカペラであんな歌を歌うなんて、ホント素晴らしいですね。
「ベンチ」と共に、頑張ってるお父さん達にぜひ聴いてほしいですね。
それから濱田さんが復帰されて、元祖「笑わなしゃーない」も聴くことが出来て良かったです。

chikaさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

お聴き頂きましてありがとうございます。
「笑わなしゃーない」は最初は確かに驚きますよね。

これからもチキガリを宜しくお願い致します。

八野さん、こんにちは。
ゆっくりとPCから書き込みができる時間ができました(笑)

タイトルを聞いたとき、皆さんと同じで「なんじゃ!?このタイトル…」と思いました。
でも、なんだか「これもアリかも?」なんて。
楽曲を聴いて、「これ、ええわ~」と思ってしまった私は、やっぱり根っからの関西人!?(笑)
実は…チキガリで、こんな曲調が聴きたかった~(^^♪

実際、ライヴで歌うとどうなるんだろう?と思っていたら、ジブリイベントで聴くことができたので、ものすごく嬉しかったんですよ~♪
この曲は、ほんと、盛り上がりますね!

たまさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

喜んで戴けて何よりです。

僕は関西出身ではありませんが、こういうノリは理解出来ますし、大好きでもあります。

まぁ僕が好きかどうかよりも、聴いてくださる方に喜んで戴くのが何よりです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)