« アルバム「笑わなしゃーない」5 | メイン | アルバム「笑わなしゃーない」7 »

アルバム「笑わなしゃーない」6

「理想」
渡辺が作ったアップテンポのナンバーで、小林がメイン・ヴォーカルをとっています。
渡辺によるヴォイス・ギターのバッキングは「スリラー」で最高のパフォーマンスを聴かせていましたが、この「理想」でも負けず劣らず素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。
やはりヴォイス・ギターに関して渡辺のバッキングと小林のソロというパターンは絶品ですね。

全体的にシリアスでカッコいいサウンドであり、これをきちんとステージで再現出来たらステージ映えする曲のひとつになると思います。
アレンジ全体をどのような方向にするかということは大事なことですが、個人的に好みのアレンジ・フレーズというものも存在します。

今回のアルバムの中で個人的に好きなアレンジ・フレーズは、この曲の「あなたの夢を邪魔するのなら」という部分の濱田、川上、前澤の3人によるフレーズです。
この3人が一体になってひとつのオブリガートのように聞こえるかもしれません。3人の声の定位のさせ方と相まって、ステレオの中央やヘッドフォンなどで聴いた場合、音像が綺麗に流れて行くように聞こえると思います。実際には3人の中で音の高い濱田(左チャンネル)から始まったフレーズが次に高い川上(右チャンネル)に向かい、最後に一番低い前澤(右やや中央寄り)に移動して行きます。
このようなやり方は、その演奏効果を考慮した上でチャイコフスキーなども好んだやりかたのひとつで、「くるみ割り人形」の中の「行進曲」などのオーケストラ作品でも最大限の効果を発揮します。

コメント

八野さん、おはようございます。

実は…チキガリでこんな曲が聴きたかったんです!!
どんなジャンルでも歌うことができるグループだと思っていたので、私は「待ってました!」という感じです(笑)
ギターは全くの素人ですので、演奏方法はわかりませんでしたが、さすがは「元(笑)」ギタリスト!、という感じですね(^^)

で、今回のアルバムの曲で、少し遊んでみましたが、その話は後ほど(笑)
(あくまでも、チキガリファンの友人と盛り上がった話。意見には個人差があります・笑)

たまさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

どのようなことでもやはり経験者は違うと思います。

MIDIやProToolsなどを使った打ち込みをする際、ギターはかなり差が出ることがあります。
ギターを弾かない(弾けない)キーボーディストが打ち込んだギターの音は聴いてすぐに分かります。
キーボードとギターは和音の音列が異なるのに、それを理解してないでキーボーディストが打ち込んでしまったものを聴くとがっかりすることがあります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)