« アルバム「笑わなしゃーない」6 | メイン | アルバム「笑わなしゃーない」8 »

アルバム「笑わなしゃーない」7

「LONELY MAN」
濱田の作詞、作曲、メイン・ヴォーカルによるサラリーマンをテーマにした曲。
小林のヴォイス・ギターのソロも良い味を出しています。

同じサラリーマンをテーマにした曲でも、「ベンチ」とは異なり、こちらの曲はどちらかと言えば男性向けのシニカルでシリアスなナンバーになっていると思います。
音楽的にはかなり凝った作りの曲ですが、それをあまり難解には聞かせない渡辺のアレンジも良く出来ていると思います。
濱田のメイン・ヴォーカルもカッコ良さ、テンションの高さ、シャープさ、シニカルなところ、シリアスなところなど様々な要素を出せていて、彼独自の世界を表現出来ていると思います。
部分的ですが長谷川のベース声によるメイン・ヴォーカルも輝きを放っており、この作品を効果的に盛り上げていると思います。

コメント

八野さん、こんばんは。

濱田さんらしい曲!というのが第一印象です。
ハセ君の声がものすごく効果的に聴こえてくるなぁと思います。
「理想」とはまた違った感じで、好きな曲のひとつです。

たまさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

この曲の濱田のヴォーカルもなかなか良い味を出せていますよね。

またこの曲も何度も歌詞を手直しして完成度が高くなったと思います。

八野さん、こんばんは!

「LONELY MAN」濱ちゃん様らしいといえばらしい、そんな歌ですね。(詞・曲共に。そして、このノリの曲はやっぱり濱ちゃん様メインじゃないとって思わせる、そんな歌ですね。)はせくん様のベースから入り、メイン・ヴォーカルも含めはせくん様のかっこ良さが終始響いてる感じも素敵ですし、小林さんのヴォイス・ギターもめちゃくちゃかっこいいし、ボイパはボイパでめっちゃかっこいいし、メイン・ヴォーカルだけでなく、コーラスも含め全てがかっこいいというナンバーですね。
3曲ともサラリーマンの哀愁を感じさせる歌なのに、コミカル、シリアス、ハート・ウォーミング、全く違うタイプの曲に仕上がってるのもさすがって感じです。

おめめさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

今回もメンバーやスタッフの意見も取り入れながら、少しでも完成度が高く、聴いてくださる方に喜んで戴けるようなものをセレクトしようと必死でした。
やはり濱田のサラリーマンものは説得力があるのだと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)