« アルバム「笑わなしゃーない」4 | メイン | アルバム「笑わなしゃーない」5 »

死の秘宝 Part1

先日休みが取れましたので話題作「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1」を観に行きました。

本で読んでイメージしてきたハリーの生家付近の風景と映画の中の風景があまりに近かったのが個人的な驚きでした。
ラスト・シーンに入った瞬間、それと分かるような作りになっていて(つまり次回作Part2に期待を持たせるようなということ)、やっぱりな〜と感心させられました。
また全体的にも相変わらずそつのない作りになっていて、完成度は高く、制作費も充分かけています。つまり手抜きは一切感じられません。真面目に一生懸命に作っている作品は評価されて欲しいですし、興行収入の増加にも結びついて欲しいと思います。それにしても映画や音楽はいつの時代までビジネスとして有り続けるのでしょうか・・・。

世界同時公開に出来るようにと話題の3Dにはしなかったそうですが、個人的にはこれで大正解だとも思いました。今回のものでさえ、あるシーンでは驚き(恐怖? 僕はある生き物が好きではありません)のあまり身体がのけぞってしまいました。

しかし映画館の中の温度は客が調整出来ないので困ったものですね(観に行った時には体感的に室温が30度近くあったように思えて、具合の悪い人が出ないかと心配でした)。
映画館として音質も画質も良かっただけに、スタッフの方々にはもう少し温度管理にも気を配って欲しいと思いました(何千人ものキャパシティがあるようなコンサート会場では全ての席を同じ温度になるようにするのは大変ですが、通常の映画館のように100人程度であればコンサート会場より易しいのではないでしょうか)。

ブルーレイかDVDになったらいつも通り買ってしまうだろうなぁ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)