« 十津川村へ行こう! | メイン | 悩みどころ »

願い

皆様の無事を心よりお祈り致します。

コメント

横須賀(上町)と秋田県の実家は無事が確認されましたが宮城県仙台市泉区に親戚がいるので連絡が取れないので心配してます

大切な大学時代の先輩が仙台の方なので心配しておりました。本日メールが届き、ご無事とのこと。安心しました。
あまりにも大きな、悲惨な出来事に心痛めております。被災された皆様、ご家族の皆様に一日も早く心安らかな日が訪れるよう、祈るばかりです。

後藤尚代さん、こんにちは。

ご親戚の方には連絡が取れたのでしょうか?
心配ですね。

Kiyokoさん、こんにちは。

お知り合いの方がご無事で良かったですね。

ひとりでも多くの方が無事でありますよう心から祈ります。

八野さん、こんにちは。
あまりの被害の大きさに、何も言葉が出ない一日でした。
東京方面に何人か友人が居ましたので、メールで安否確認をいたしました。
(経験上、電話はつながらないことはわかっておりましたし、メールはいつかきっと届くだろうと思いましたので)
横浜に住んでいる友人は、ご主人と日光へ旅行中に被災。
(この友人、16年前の震災体験者でもあります)
宇都宮から電話をくれたときに「あんた、2回目やな」と思わず言ってしまいました。
(その友人も「ほんまやわ」と。初めて行った日光で、地元の人が初めて体験する揺れを体験したとも)
一度経験したから、そうやってお互いが言えるのかなぁと思っています。
(もしもお気に障るような表現でしたらお許しください)

今、私たちにできることは、普通に生活し、いざというときの力を溜めておくこと。
いつかきっと、必要とされる時が来るまで、しっかりと。
落ち着いて行動することが一番!

大丈夫!大丈夫!
「冬はやがて春になる」

たまさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

テレビで言葉を失うほどの惨状を見るにつけ、キリキリと胃が痛みますよね。
事務所の機材はいくつか壊れ、僕の自宅も多少の被害を受けました。それでも東北の方々に比べれば微々たるものです。

今年に入ってからも多くの時間をスタジオで過ごしてきました。地震当日は帰れなくてスタジオに泊まり込みました。
本日から21日まで自宅待機となり、スタジオ作業も止まっています。

現在被災地では寒さが厳しいと思います。
少しでも早く春が来ることを願います。

仙台市泉区とはくたいくの親戚共に無事が確認されました

八野さん、こんにちは
さだ企画からのタウンメールで皆様ご無事とのことを知り、ほっとしておりましたが、当日スタジオに足止めだったのですね。私の夫は勤務先の学校で帰れない生徒が多く、学校に泊まりました。もちろん夫もその対応におわれておりましたが、生徒にもけが人がなく無事に翌日帰宅できたそうです。
さださんのホームページでもコンサートの情報がありましたが、やむなく延期や中止の対応は致し方ないことです。さだ企画の皆様が今回の地震、津波、原発の被災者の皆様への支援をお考えの際は、私たちにもぜひ参加させてください。個人では物資を送ることもままなりませんし、かえって仕分けや配付に困ると聞いています。ぜひ、力を集めて大きな力として支えられればと思います。今できることを一所懸命やっています。義援金も赤十字など、いろいろなところへ協力して、やはり少しでも効果的な動きをしていただきたいと祈ることしかできません。
どうぞご自愛の上、音楽界としてできる「何か」を模索していただきますように、お願い申し上げます。
私たちにできることがあれば、協力は惜しみません。ぜひお声かけくださいますように。

後藤尚代さん、こんにちは。

ご無事で何よりです。
本当に良かったですね。

Kiyokoさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

関東でも様々な被害が出ていますね。
生きている人の生活を壊さない範囲で何が出来るかを考え、実行することは大事なことですね。

何らかの形で始まると思いますが、その節はご協力をお願い致します。

八野さま
ご無事でいらしてくださり、本当に何よりでした。

私は、この状況の中、自分を保ち続けることに相当苦労しています。
自分がこんなに不安屋で、怖がりであったと、初めて知りました。

恥ずかしいけれど、今の私の一番の課題は、
何とか元気でいること、心が折れてしまわないこと、
こちらの皆さまのコメントを始め、あちこちのブログやサイトの方々のお言葉、
目にし耳にし、毎日をやっと過ごしています。

この大変な事態を乗り越えていくため、
これからも、また八野さんの日記に勇気をいただきに参ります。
私も頑張ります、協力できることはいたします!

いつも、本当にありがとうございます。

匿名希望さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

お陰様でまさしも我々スタッフも全員無事です。
3月11日はまさしも我々レコーディング・スタッフも東京のレコーディング・スタジオにこもっていました。
我々がいた地下3Fでさえ、立っていられない位の揺れでしたので、すぐさままさしがこもっていたドアを開け、皆でわずかの間、様子をみた後、地上へと走りました。
これを数回繰り返し、1時間近く経った頃、少し落ち着きました。
地上では東京タワーがあのように酷く揺れているところを初めて見ました。

匿名希望さんがどちらにお住まいなのかは存じませんが、関東でさえ今でもわずかな揺れは頻繁にありますので、僕でさえ全く怖くないとは言いがたいです。

国民ひとりひとりがそれぞれ事情を抱えて生活していますから、ひとりひとりが多額の寄付を出来る訳はありませんし、仕事を顧みずに現地にボランティアに行ける訳でもありません。そんな中で何が出来るか、逆に何をしたらいけないかを考え、行動する。皆が助け合う意識を持って、自分勝手な行動を取らないようにすることがまずは重要だと思います。
特に現地では雪が降ったり、寒さが厳しいですから、水、食料、着るもの、ガソリン、灯油、電気、おむつ、赤ちゃん用のミルクなどなど必要なものを挙げたらきりがないと思います。

今ほど日本人の気持ちや力を試されている時はないのかもしれません。
誰しも不安だったり、心が折れそうになる時はあると思います。でも今を頑張るしかありませんし、現実を直視しながらも明るい未来をも見つめて行かないと心も身体も言うことを聞かないかもしれません。
やる気と笑顔が新しい環境や町や人とのつながりを作るのかもしれません。
これからもみんなで一緒に歩いて行きましょうよ。

はい!私も皆さまとご一緒に歩いて行きます!

温かなお言葉、ありがとうございます、
心して読ませていただきました。

そう、今は本当に試されているのだと思います。
弱い自分を知り、人の温かさを知り、
人と人との繋がりがどんなに大切かを痛切に感じています。
現実をしっかり見つめ、でも、希望を失う事なく、
より良い未来のため、できることから実行していく、
被災地への想いと行動、それと並行して、
自分たちの暮らしをなるべく当たり前に回していくこと、
それが大切だと思っています。

「やる気」と「笑顔」、忘れないよう、頑張ります!
丁寧なお返事を、本当にありがとうございました。

八野さん勝手なお願い(希望)なんですがまっさんの「SMAILE AGAIN」を正式にCD化していただけませんでしょうか?

八野さま
こんにちは。未だに余震が続き被災者の方々に非力な自分を恥じるばかりです。
昨日フジテレビの番組でまっさんが“主人公”を唄ってくれました。「SMILE AGAIN」を唄うのかなと思っていました。
直前の階上中学の生徒の言葉についてのコメントを自分なりに受け留めさせて頂きました。正式な答辞からは、現実をきちんと正視し受け入れ、新たに歩みだそうとする姿勢を教えてもらいました。地道で継続的な援助する方法をただ思案するばかりです。
被災者の方々の「頑張ります」の言葉が胸に痛く響きます。十分すぎるくらい頑張っておられるのですから。どうぞ無理しないでください。

後藤尚代さん、まっちゃんさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

「何が出来るか」、「何をしないか」に関しては周辺でも様々な意見が飛び交っています。
それこそ10人いれば10の意見があるかもしれません。

さて、そんな中でこちらがやっていること、やろうとしていることは、音制連(音楽制作者連盟の略で、日本の原盤制作会社や音楽プロダクションなどが加盟している社団法人)を通じての寄付、一昨日から再開したコンサート・ツアーでお客様からの募金、弊社や関係各社からの募金、昨日の特番「上を向いて歩こう」へのまさしの出演などです。
売名行為につながるような行為(誤解)は避けたいという皆の共通した見解もあります。

また、昨日「主人公」を歌った件ですが、これはテレビ局側からの依頼(指定)です。
「Smile Again」ですが、ご存じの通りあれは雲仙普賢岳の噴火の際にまさしが作り、チャリティ・ソングとして小浜町でのコンサートに参加してくださった方々(都はるみさん他多数)に歌って戴いたもの。
商品化するとなると、現在連絡が取れない方を含めておそらく数十人以上の関係者の許諾を取ることが必要だと思います。普賢岳の噴火の際のチャリティを目的としてのみ、参加してくださった方々の許諾が取れているだけですので、その後に発売したコンピレーションCDにも入れてないと思います。

八野さん、こんばんは
先日のフジテレビでの生中継、心に響くすばらしい「主人公」でした。尼崎でのコンサート、というのも意味のあることでしたね。さださんの思い、多くの人に届いたことでしょう。加山さんがロンリーハーツを歌ってくださって嬉しかったです。こうせつさんと良子さんが一緒にスタジオにいらして良かったです。番組中のどの歌も、胸に響くよい内容のものばかりでした。音楽の力も必要です。どうぞこれからもよい企画をよろしくお願いいたします。

Kiyokoさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

これから先もコンサートやレコーディングの予定が入っていますが、その合間を縫って何かやることになるかもしれません。
その際は宜しくお願い致します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)