« 願い | メイン | 生さだ特番 »

悩みどころ

東日本大震災で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

先日、仕事仲間に聞いた話によると、東北、関東はおろか関西でも九州でさえも乾電池が無かったそうです。
勿論、僕自身も計画停電を経験しました。仕事帰りの車中、住んでいる町が近づくにつれて電車の外が真っ暗になって行くのを見ました。駅を出てからも周りは真っ暗。冬場は黒っぽい服装の人が多いため、交通事故を含め恐怖を感じました。勿論、こんなことは被災地の方々からすれば何でもないことですが・・・。

被災した方々にとっても、被害が比較的軽かった人にとっても、被害に遭ってない人にとっても生きて行くことは最重要なことです。
職種によるかもしれませんが、今は経済活動することさえ悪のように思われがちです。しかし経済活動をしなければ、生活を維持出来ないばかりでなく、被害に遭われた方々を結果的に支援することも出来ませんし、日本全体を維持することも出来なくなってしまうかもしれません。
不謹慎であるとの誹りを受けても元気を出して活動して行かなければならないと思います。

「Let's hope that we continue to live.」
これは40年近く前に出会ったセンテンス。
客席からの「Say a few words!」という言葉に対してポール・サイモンが応えたもの。
個人的にはこの「Let's hope that we continue to live.」というセンテンスに折に触れ励まされてきました。
今ほど、「望む」、「続ける」、「生きる」という言葉を噛みしめた時はなかったかもしれません。

コメント

八野さま
こんにちは。あれだ!と思い早速聴き直してみました。
Live RhyminのLoves Me Like a Rockの直後にこのやりとりがありました。大好きなliveです。このpaulのさりげない一言が八野さまの支えになっていたとは。
「生きることの喜び」って何なのでしょうか?個人のおかれた状況によって言葉がどのように響くかは別として、ややもすると聞き逃してしまう言葉に耳を傾け真摯に受けとめることって本当に難しいです。歌もきっと同じですね。

八野さん、こんばんは
ポール・サイモンの言葉は胸に響きます。今、「生きる」ことに向き合うことがつらい人たちもたくさんいらっしゃいます。
心のケアが必要なのだろうと思います。あふれる涙を抑えるのではなく、流すことも大切なのだと思います。こういうときにやはり音楽が果たす役割は大きいと思うのです。さださんの新しいアルバムにも、きっと何らかのメッセージが込められることと期待しています。心から応援しています。
どうぞよろしくお願いします。

Let's hope!
希望を持ちましょう!
We continue to live!
私たちは、生きていくのです!

震災後の今、実に心に響きます。

あれから三週間、
今ほど、みんなの気持ちが強く結ばれあっている時もないのではないでしょうか。
表面に見えなくても、皆が同じ気持ちを分かちあっている・・・

そして私も八野さんに同感です。
想いは常に内に持ちながらも、可能な限り暮らしは普通に回す努力をする、
それが被災少なかった者たちの役割だと思います。

世の中全体が落ち込み、元気をなくしたら、ますます立ち行かなくなってしまいます。

皆さまとご一緒に、私も頑張っていきます!
八野さんへの応援も、これまで以上に力を篭めて!

皆さま同様、私からも・・・
八野さん、これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

まっちゃんさん、Kiyokoさん、凛さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

それぞれ皆さんのおっしゃる通りだと思います。

まさしも僕も本日、スタジオに戻りました。
まだまだこれから先は長いと思いますし、いつ発売出来るかは分かりませんが、リスナーの皆さんの心に響くものになればと思います。

八野さん、こんにちは。
書き込みを読みながら、16年前のことを思い出していました。
状況が違うので当てはまるとは思いませんが。
震災から3週間たって、合唱団の練習が再開されました。
これは本当に運がよかったこと。
多くの仲間が存続の危機に陥っていた中でのことでした。
そんな中で、避難所を回っての慰問演奏。
自分たちも被災者だけど、歌を歌うことができている。
私たちの歌を聞いて、少しでもホッとしてくれれば…そんな思いで、震災から2ヶ月経ったころから始めました。
「ありがとう」と言ってくださる方、「バイバイ」と見送りをしてくれた小学生の女の子。
歌ってよかった!と思えた瞬間でした。

イベントやコンサートの自粛が続いています。
物理的に無理な場合を除いては、個人的な意見ですが、予定通り開催されてほしいなぁと思います。
神戸でもチャリティイベントが開催されます。
神戸の元気が少しでも被災された皆さまの「こころ」に届きますように!
私も微力ながら協力させていただきます(^^)

たまさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

スーパーマンやウルトラマンが出てきて、全てを解決してくれる訳ではありませんので、人と人とのつながりの中でひとつひとつ手を付けて行くしかありませんね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)