« 白鳥座/アルバム「DENEB」のレコーディングに向けて | メイン | 白鳥座/アルバム「DENEB」2.「きみのカセットテープ」 »

白鳥座/アルバム「DENEB」1. 「42キロの青春」

2ndアルバム「DENEB」は1stアルバムから2年経った1984年にリリースされました。
1曲目を飾るのは当時(最近でさえも)ライヴで物凄く盛り上がる「42キロの青春」。
デビュー曲「かもめ」と同じような構成の曲で、メグがメイン・ヴォーカルをとり、中サビのみ玲子がメイン・ヴォーカルを担当しています。

視覚的な要素と臭覚的な要素が見事に重なり合う歌詞と軽快なサウンドが気持ち良いコントラストを放っています。
レコーディングで「かもめ」と同様、今剛さんに依頼しようとは思っていましたが、ギリギリまで繰り返し考えました。
この曲の歌詞に出てくる「LPレコード」は、歌詞で歌われたとおぼしきこのレコーディングの数年前絶大な人気を誇っていた「風」などのフォーク系のアーティストのものではなく、自分の中では「チューリップ」などのポップス系のイメージだと高比良から聞きました。
そのようなことに背中を押されて、やはり今さんにお願いすることにしました。

ベイシック・トラックのレコーディングが終わった後に、イントロ、間奏、エンディングの生ギターを録り直しました。ギターの高音の弦だけを使ったフレーズなのですが、高音弦だけを弾いていても、それら高音弦の振動で低音弦も鳴ってしまい、サウンドを濁していました。それを避けるために低音弦を切断して取り外し、高音弦だけにして、改めてチューニングをし直してから差し替えたということです。
間奏部分では誰もメロディを弾いてはいませんが、シンセサイザーのハーモニーを使ってクレッシェンドとデクレッシェンドを繰り返すことで、この曲のキーワードのひとつである「自由な風」を感じてもらうようにしました。

前回のアルバム「白鳥座」はサウンド的には低域方向が少し軽いものでしたが、このアルバムではよりフラットでパーフェクトなものにしたかったので、2チャンネルのレコーダーを38cm/sの1/4inchではなく、76cm/sの1/2inchにしました。これはレコーディング用語ですので分からない方は多いと思いますが、より情報量が多く、どっしりと安定した、レンジが広い音と解釈して頂いていいと思います(当時も今もアナログ2チャンネルの最高峰と言われています)。
今回のリマスターで、マスタリング・エンジニアの鈴江さんのお陰で、本来のコンセプトに近い、透明感・洗練・力感・音場感・拡がり感・立体感・周波数バランスなどのより一層の向上が感じられるようになりました。具体的には歌も各楽器も、全体的な音質も格段に向上したと思います。

この「DENEB」のレコーディングの直前にまさしのアルバム「風のおもかげ」を制作していました。その際、 76cm/sの1/2inchのテープレコーダーを使用してうまくいったこと、それまで一口坂スタジオの2stや1stを使うことが多かったのですが、「風のおもかげ」で出来たばかりの3stを初めて使い、音のヌケの良さ(特にスネアのサウンドがかなり理想的なものに出来ることに驚きました)を実感したこともあって、「DENEB」は前もってシングルにしていた曲を除き一口坂の3stでミックス・ダウンをしました。
それにより全体的なサウンドの向上と共に歌やスネアの音もより素晴らしいものになっていると思います。
尚、このアルバムにはスポーツを意識した曲がいくつか入っていますが、この「42キロ」はマラソンではなく体重です。

コメント

「DENEB」と「風のおもかげ」のサウンド(特にスネアドラム)の音がよく似ているとずっと感じていましたので、今回のcapの話で納得ができました。
ところで29日の白鳥座のライブにはcapは参加されるんでしょうか?
客席でもしお会いすることができるならご挨拶したいなぁと思っています。

ぷうやんさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

まさしのアルバム「夢の轍」は低域の力感が少し少ないので、次の「風のおもかげ」は76cm/s、1/2inchのテープレコーダーを使って低域の量感を増やすことが出来ました。
ですから、僕の中では「夢の轍」と「風のおもかげ」の関係と「白鳥座」と「DENEB」の関係がニアリー・イコールなんです。

明日28日のレコーディングがトラブル無く進行すれば、29日の白鳥座のライヴに行こうと思っています。

八野さん、はじめまして。
白鳥座のCD復刻版発売、心待ちにしております。今までカセットテープしか持っていなかったものですから・・・。
「42キロの青春」、42キロって??? 長年の謎が解けてすっきりしました。「先輩」の女の子ともだぶって、勝手にマラソンのことかと思ってました。まさか体重だったとは・・・42キロなんて遥か彼方の私には想像もつきませんでした。
音楽の専門的な話はついていけない私ですが、さださんはもちろん白鳥座の皆さんの歌も大好きです。さださんの新しいアルバムも今から本当に楽しみです。どうぞお身体にお気をつけて、これからも素晴らしい音を届けてくださいね!!

八野さん、こんばんは
きょうの渋谷でのライブは素敵でした。42キロの青春は、ステージをばっちり盛り上げてくれましたね。
そして、手にしたCDをゆっくりと聞こうと思います。まずは折り込みの写真やメッセージをじっくりと拝見して・・・楽しみです。

るるぶさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

当時からタイトルの「42キロ」がマラソンのことと思われている方が多かったので上に書いた次第です。

是非2枚のCDをお聴きください。宜しくお願い致します。

Kiyokoさん、こんばんは。
コンサートにお越しくださいまして誠にありがとうございました。

CDのご購入もありがとうございました。
お楽しみ戴けましたら幸いです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)