« “望むもの”と“望まれるもの” | メイン | 遂に完成! »

ヘビーローテーション

もうずっと休みなくスタジオにこもりっぱなしで、家には僅かな睡眠を取るために帰っています。
電車の中では愛用のiPod touchで3つのアルバムをヘビーローテーション。
1枚は先に書いたポール・サイモンの「 ソー・ビューティフル・オア・ソー・ホワット」。あと2枚は白鳥座の「白鳥座」と「DENEB」です。

白鳥座の2枚は僕が20代の作品ですが、音楽上のアイデア・工夫、レコーディング上のアイデア・工夫を全て盛り込んだものでした。
今回のリマスターはマスタリング・エンジニア鈴江真智子さんのお陰で理想的なサウンドに出来ましたので、ノスタルジックでありながらもアグレッシブなものになりました。

まさしの最新アルバムのレコーディングは現場的にはトラブルの連続。こんなにトラブルに見舞われたアルバムは過去にはありませんでした。
7月6日が発売予定日ですが・・・・

コメント

あららートラブルですか、もしかしたら発売日変更かな。発売されるまで楽しみにしてます

八野さん、「Sada City」に向けての作業、大変お疲れ様でございます。
「過去なかったほどのトラブルの連続」・・・
長い経験のおありになる八野さんが、そうおっしゃるとは、
ちょっとばかり心配になります。
どうか、どうか、なんとか切り抜けてくださいますように・・・。

白鳥座の「白鳥座」と「DENEB」、
私も時間を見つけては、こちらでいただいた詳しい解説と一緒に聴いておりますが、
楽曲そのものも、アレンジも演奏も何もかも、
どれも素敵でお洒落で、とても気に入っています!
本当に素晴らしいクオリティのアルバムですよね。
オリジナルの作成に関わられた方々は勿論のこと、
今回のリマスタリングでご苦労をいただいた皆さま方にも、
心より御礼を申し上げたいと思っています。

また、若かりし日の八野さんも発見、
その真剣な、今と全く変わらない厳しい眼差しに感動を覚えました。

その時の最高の作品は、いつでも最高であり続けることが出来るのだ、
今回、あらためて再確認いたしました。
時を越えた素晴らしい作品、ありがとうございました。

蛇足ですが、
お髭の渡辺俊幸さんには、ちょっとだけ、うふふ・・・でした。

後藤尚代さん、おはようございます。

温かいコメントありがとうございました。

発売をどうぞ楽しみにお待ちください。
宜しくお願い致します。

凛さん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

Sada Cityの最新のトラブルは一昨日に決定的になりました。
その前日からレコーディング(エディットを含む)に使っているハードディスクが不調になり、録音・エディットをやっている途中、頻繁にコンピューターがダウンする症状が発生して困っていました。
結局、一昨日、そのハードディスクが事実上クラッシュし、書き込みも読み出しも出来なくなりました。これで今年の正月から今までにやった全ての音・データが消えました。まさしを含む僕ら全員のこの5ヶ月間の情熱と努力が「無」になりました。
こんなことは初めてです。
まぁ勿論、毎日別のハードディスクにバックアップは取っていたので事実上は大丈夫ですが、これで完全にマスターは消えてなくなりました。
昨日は朝一番で新しいハードディスクを買いに走り、改めてバックアップのバックアップを取ってから作業に入りました。

さて、白鳥座の2枚のアルバムを気に入って頂けて嬉しいです。
スルメみたいな作品だと思いますので、これからも存分にお楽しみください。

前々から思っていましたが、やはりHDDレコーディングの怖さが現実になっているんですね。
パソコンでもHDDのクラッシュは日常茶飯事なんですから、まして記録としても大切なデータが一瞬にしてクラッシュして消えてしまうのはしかたないのかもしれません。
私も吹奏楽のライブ録音時にはノートPCに外付けHDDを繋げて記録しますが、同時にDATでもデジタルで収録しておきます。
その場合のDATは音質は落ちますがやはりバックアップとして外せないです。
最近の録音はほとんどがHDD保存だと思いますが、もし天変地異や電気的な問題で故障した場合、どのような対処をしているんでしょうか?

ぷうやんさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

怖れていたことのひとつが現実のものになりました。

やり直しがきかないライヴ・レコーディングでは、昔はProToolsの他にバックアップでPCM-3348をまわしていましたが、最近はProToolsをパラでまわすようにするのが一般的ですね。

スタジオ・レコーディングでは1台のHDに録って、もう1台のHDにバックアップをとるとか、MacのOSが入っているHD以外の内蔵HDに録って、外付けのHDにバックアップをとることが一般的のようです。

レコーディング終了後には、今まではDVD-Rにもバックアップをとっていたのですが、最近は96kHz/24bitで録っていますので、DVD-Rにバックアップをとるのは断念せざるを得なくなりました(アルバム毎に40枚必要となると作業も管理も大変ですし、バックアップの際のミスも増えると思います)。
そんなこんなで数年前からブルーレイの普及を待っているのですが、なかなか進まないのが現状ですね。
ブルーレイでバックアップをとったとしても、数年後にそれが読めないのでは意味がないですからね。
世の中は思うようには動いてくれないです。

八野さん、こんにちは
昨日のまさしんぐWORLD初日、行ってまいりました。とても楽しかったです。Sada Cityのお話も交え、楽しいステージでした。新しいアルバムへの期待を膨らませて帰途につきました。夫が仕事でいけなくなったので,急遽息子がピンチヒッター!久しぶりに行ったさださんのコンサートに感動していました。彼は小学校高学年の頃から、コンサートに行っていますが、まさしんぐWORLDは初めてでしたから、「いつものコンサートとは、少し雰囲気が違う」と感じたそうです。会場との息のあった雰囲気を感じたようです。

詳細はまだこれからの方のため書けませんが、本当に充実したコンサートだったということは、お伝えしたいです。

アルバムづくりのご苦労も、こちらの想像以上かと思います。コンサートツァーが始まるのも間近です。楽しみにしております。
スタッフの皆様も、お体大切に・・・。

cap、レスありがとうございます。
録音保存媒体の変化は音質の向上もありますがリスクも大きいですね。
ここ10年で容量も大きくなりましたが、その分高密度記録になり、故障も多いですから、なおさら保存方法に悩まれると思います。
話が変わりますが、今回の「Sada City」は以前イラスト等もありました「まさしんぐWORLD」という架空の街の発展系の形ですか?
「魔法使いの弟子」や「異邦人」等の主人公たちが住んでいますというところが好きでしたが、いつのまにか消えて久しく思います。
個人的にはまさしさんの作品に登場する人々が好きなので、その世界観の復活があればファン歴30年以上の私としては嬉しいですが。

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

ご子息と一緒のコンサート、お楽しみ頂けましたようで何よりです。

アルバム“Sada City”の発売日が7月6日ですので、何とか間に合わせようと毎日必死の作業が続いています。
こちらも楽しみにお待ちください。

ぷうやんさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

はい、「まさしんぐTOWN」の延長線上にあるものです。ただ、個人的にはもう少し実体感が伴っているようにも感じています。

どうぞお楽しみに。

八野様。この度は、大変ご愁傷さまでした。

羽村の住民さん、こんばんは。

ありがとうございました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)