« ヘビーローテーション | メイン | 明日への活力 »

遂に完成!

さだまさしのアルバム“Sada City”が遂に完成しました。

今年1月18日からスタジオにこもり、曲作りに突入しました。
しばらくは音楽的、テーマ的に様々な可能性を検討し、断片を作る作業に没頭していました。
そして2月、「街(町)」をテーマにアルバムを作るというところに収斂されて行きました。元々僕自身は、この閉塞感のある時代を生きる人々に元気と勇気を出してもらえるようなものを望んでいました。
人々の生活の基盤である「街(町)」をテーマにして、そこに生きる人を描き、美しい町を描き、人と人の、或いは人と自然のふれあいを描いていったら、きっと素晴らしいアルバムになると思いました。

そして具体的な曲作りに入って行きましたが、それでも作り手はそれまでの自分の殻を破るようなものを作りたいと常に考えるものなので、おそらくまさしの中では「作っては捨てる」ことが繰り返されていたはずです。
そして3月に入った頃からぼちぼちと曲が出来始め、デモを録音して行きました。
そしてあの3月11日を迎えました。

何ということでしょう。表現が適切でなかったら、ひたすら陳謝するしかありませんが、「元気を出してもらおうと街(町)を作って(描いて)いたのに、現実の町が、人が、自然が、心が・・・」。
まさしも僕らもしばらくは言葉もなく、心の中でひとりでも多くの被災地の方々の無事を祈るしかありませんでした。本当に無力でした。勿論、僕らがこもっていたスタジオもかなり揺れ、何度も非難しました。外では東京タワーが揺れていて、タワーが倒れることも怖れました。

その後、何日も何日もまさしや僕らはそのまま続けるべきか、曲作りやレコーディングを止めるべきか随分と悩みました。
しかし、大きな被害を受けてない地域の人達が元気を出し、それまでやって来た様々な仕事・作業を続け、経済活動をして行かないと、結果的に物心に渡って復興の助けが出来ません。勿論、何らかのメッセージを発信して行き、少しでも東北地方を始め日本全体が元気になることへのお手伝いをしようという考えに皆が向かうようになりました。
そして震災から丁度一ヶ月後の4月11日夕方に全ての曲が出来上がりました。勿論、その後も様々に手を加えて完成度を上げる努力はして行きました。

4月下旬から本格的なレコーディングを開始し、倉田信雄さんのアレンジの2曲や渡辺俊幸さんアレンジの8曲のまさしが弾くベイシックのギターを録って行きました。
5月9、10日に演奏部分のレコーディングの山場を乗り切り、その後も細かい部分を手直ししたり、加えたりを繰り返して行きました。
ところが歌入れを開始しようとしたら、まさしが風邪をひいてしまい(それまでのハード・スケジュールがたたったようです)、歌入れは1週間ほど延びました。と言ってもまさしは休んでいた訳ではなく、毎日スタジオに来ては歌入れのトライをし続けました。彼にとって満足な声が出ないとその日の作業はエディットに振り替えました。
そして本格的な歌入れが始まり、何曲か歌が録れた頃、今度はハードディスクがクラッシュ。これには僕らスタッフは愕然としました。
バックアップは毎日取っていたので事なきを得ました。その後は、比較的順調に歌入れ、エディット、ミックス・ダウン、マスタリングが進んで行き、6月3日深夜に全ての作業が終了しました。
十幾つものトラブルを乗り越えてアルバムが完成した時には涙が出そうになりました(ひとつのプロジェクトで十幾つものトラブルは今までに経験した事なんてありません)。
全ての関係者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

コメント

八野さま
こんにちは。ご無沙汰しております。そして有難うございます。
『完成』という言葉を信じずっと待っていました。多くの困難を乗り越え生み出された『SadaCity』は「桜の樹の下で」に挟まれてあたかも“Bookends”のスタイルで、いろいろ僕たちに問いかけてくれるのでしょうね。
先日、生さだで歌われた『泣クモヨシ笑フモヨシ~小サキ歌ノ小屋を建テ~』も早くCDで聴きたいです。余裕が出来ましたら制作秘話も楽しみにしております。本当に八野さま、スタッフの皆さんお疲れさまでした。

八野さん、素晴らしいご報告ありがとうございました。
Sada City完成、おめでとうございます。まさしんぐWORLDコンサートでアルバムジャケットの素晴らしい絵をご紹介くださったり、何曲か歌ってくださったさださんにも感謝です。私たちが手にできるときを楽しみにしております。

いろいろトラブル・震災の中お疲れ様でした、まさかまっさんが風邪ひいてたとは。発売日に届くのを楽しみにしてます

まっちゃんさん、Kiyokoさん、後藤尚代さん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

勿論、コンサートもそうでしょうが、レコーディングではまさしにしてもスタッフにしても、身体も心も限界まで酷使します。
やってもやっても満足感が得られない、まるで無限ループです。

そんな中で、
1.毎回ではあるけれどなかなか曲が出来上がらない(勿論クォリティを問わなければいくらでも出来ます)

2.震災

3.そのような理由で発売日を延期(当初は6月上旬の予定でした)

4.原因不明のノイズ

5.3度に渡るレコーディング・スケジュールの変更による混乱

6.まさしの体調不良(曲作りやレコーディングでギリギリまで酷使しているところに、それ以外の仕事もやったとなると体調を崩さない方が不思議)

7.まさしの熱が多少下がっても鼻声がぬけなくて、歌入れスケジュール変更

8.マスター・ハードディスクのクラッシュ

9.八野の父の死

10.アシスタント・エンジニアの西山クンのお祖母様のご逝去

11.レコーディングが押しているのにもかかわらず、これ以上リリース・スケジュールが変更出来ないために、2つのスタジオを同時に使い、別々の作業を並行して進める。当然、八野はふたつのスタジオを行ったり来たり

12.より良いものを求めてミックス・ダウンのやり直しを数曲

まだまだあったような気がしますが・・・。

とにかくみんなの協力で何とか乗り切ることが出来た、という感じです。
関係者全員に感謝しています。

どうかアルバム「Sada City」がひとりでも多くの方の手に届き、愛されますように。

八野さん、心のこもったお返事、ありがとうございました。
お父様のことは、存じあげませんでした。心からご冥福をお祈りいたします。
このアルバムの存在は、八野さんにとっても特別なものになったということですね。ぜひお父様にもきいていただきたかったですね。

何歳になっても、親には元気でいて欲しいものです。きっと誰もが同じ思いでしょう。

Sada City、予約してありますので、発売日に届くはず・・・本当に楽しみです。こんなにたくさんのご苦労の賜物と思うとなおさらです。八野さんはじめ、スタッフの皆様、ありがとうございました。ゆっくりとさださんの思いを受けとめながら聴かせていただきます。

Kiyokoさん、おはようございます。
こちらこそ心のこもったコメントありがとうございました。

ご予約ありがとうございます。
きっと気に入って頂けると思いますので、どうぞ楽しみになさってください。

八野さんを含めて訃報もあったんですね、お悔み申し上げます。いろいろあった中私達ファンの為にお疲れ様でした、ありがとうございました

後藤尚代さん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

アルバム「Sada City」をどうぞ楽しみになさってください。

八野さん、コメント遅くなりまして、すみません。

アルバム「Sada City」遂に完成とのこと、それは素晴らしいニュースです!
ありがとうございます、本当にお疲れ様でございました。

しかしながら、6月8日付けのコメントを読ませていただき、言葉がありません。

3月11日の震災は言うに及ばず、レコーディング自体のトラブル諸々、
それに加え、大切な方をお見送りしなくてはならなかった、という悲しい出来事、
なんと大変なご苦労の連続であったことでしょう。

7月6日に手にした、その時には、
まず、心からの合掌を捧げさせていただきたいと思っております。

八野さんのご心中、とてもお察しできるものではありませんが、
どうかお疲れの出ませんように・・・
いつも感謝しております。
どうか、お気持ち、お身体、お大事になさっていただきたいと思います。

ごめんなさい、八野さんのお心にかなう事、何も申し上げられなくて・・・

凛さん、こんばんは。
温かいコメントありがとうございました。

謝って頂くことなど何もありません。
さだまさしを(勿論、佐田玲子、白鳥座、チキン ガーリック ステーキを含めて)応援してくださる方々に感謝をする毎日です。感謝申し上げるのはこちらです。

僕の父もものを作る人間でしたから、もの作りの厳しさも哀しさも僕以上に分かっていたと思います。ジャンルこそ違えど「ものを作る」気持ちやスタンスは僕の中で生き続けていると思っています。

「Sada City」がリスナーの皆さんから愛されますようにと心から願っています。

 八野さんこんにちは。
アルバムの完成おめでとうございます。完成の陰に、いろいろな出来事があったようで、大変でしたね。
 八野さんも、お疲れがでませんように、お体に気をつけてください。
 アルバムが届くのを、心待ちにしております。越谷のコンサートも楽しみにしております。

kuniさん、おはようございます。
温かいコメントありがとうございました。

CDもコンサートもどうぞ楽しみになさってください。

八野さん、こんばんは
私も、越谷のコンサートにまいります。・・・CDの発売が先に延びたと言うことは・・・会場での販売も無いということですか。コンサートで新曲をたくさんご披露してくださるといいなぁ。どの曲が飛び出すか楽しみにしています。

Kiyokoさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

はい、申し訳ありませんが、発売日までは会場即売もありません。
7月6日をどうぞ楽しみにお待ちください。

コンサートでも新曲がありますので、こちらもお楽しみください。
宜しくお願い致します。

越谷の初日、開けましたね。おめでとうございます。
素晴らしいコンサートでした。八野さんにもお目にかかれて嬉しかったです。
夫が仕事で都合がつかず、急遽息子がピンチヒッター!まさしんぐWORLDもそうでした。2回続けて息子とのコンサートとなりました。帰りの電車で、「いいコンサートだったねぇ」としみじみ語りながら帰りました。
これから聴きにいらっしゃる方も大いに期待していただきたいと声を大にして言いたい気持ちです。ありがとうございました。
もう一度、私の街でのコンサートに8月に行きま~す!

Kiyokoさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

昨日はコンサートにお越しくださり、誠にありがとうございました。
お二人に楽しんで頂けましたようで何よりです。

どんどん進化して行くと思いますので、今後のコンサートを楽しみになさってください。
新しくなった会館を楽しみにしています。

八野さん こんばんわ。
しばらくブログにお邪魔していなかったので、22日の府中の森でお会いした時にお悔やみも申し上げず、失礼いたしました。
本当に日本中の人が心に何らかのダメージを負った震災、そして数々の困難を乗り越えて、新しいアルバムを作り上げてくださったことに感謝します。
府中の森コンサートも、緞帳やセット(?)もまさに「Sada City」で、ほんわか温かく、さださんの歌もトークも素晴らしく、母と出待ちでさださんのお見送りも果たし、大満足の一夜となりました。
どの歌も心に沁みて、いつものように勇気と元気をいただきました。
アルバムが届くのを楽しみにしています。

アーニーズダックさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

レスが遅くなりました。
神戸に出張に行き、先ほど帰京しました。

コンサートにお越しくださり、誠にありがとうございました。
楽しんで頂けましたようで何よりです。

アルバムもどうぞお楽しみに。

「Sada City」素敵すぎです。さださんのメッセージが物凄く伝わってくるアルバムですね。感激です。あと、ジャケット、おぐらひろかずさんのイラスト、本当に素敵。今回、ポストカードまで付けて頂いて感激!そして、最初の「Sada City 市長挨拶」ライナーノート「Sada City 旅行案内書」がまたまた素敵。さださんの心にまたまた感動です。会報まさしんぐWORLDも感動したけど。絶対被災地の方々の心の奥に響きますよね。お金も時間もない私は被災地の方々の為に何も出来なくて申し訳ないけれど、被災地の方々が思いっきり泣いて思いっきり笑える日が来ますようにと一緒にお祈りさせて頂きたいと思います。
.

おめめさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

アルバム「Sada City」をお聴きくださり、ありがとうございました。
おっしゃる通り、被災地は勿論のこと、日本中の方々がしあわせであることを祈ります。

「Sada City」をこれからもお楽しみください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)