« 2013年08月 | メイン | 2014年01月 »

2013年10月22日

電子書籍

電子書籍をリリースしました。

もし興味がおありでしたら、下記URL或いは、その下の「電子書籍シリーズ 音楽の厨房から」をご覧下さい。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00FZY5NRG

電子書籍シリーズ 音楽の厨房から

 音楽ビジネスに関する書籍は数ある昨今、スタジオでの実作業に関わる各職種の方々はどういった仕事をされているのか、また、その役割を果たすために日々何を考えどう努力されているか、そういった内容が綴られた書籍はほとんど存在しませんでした。
 音楽業界の未来のために、また、将来その道を目指す若い世代のために、いま、そういったものが必要であると考え、音楽業界の第一線で活躍されている方々にご執筆やインタビューをお願いし、珠玉のエピソードの数々を書籍化いたしました。

■シリーズ刊行に寄せて
 ほぼ毎日私たちが何かしら耳にする音楽、その全てに様々な歌詞やメロディ、演奏などが詰まっています。それらは料理で言えばアーティストたちが用意した素材であり、たくさんの料理人たちの手が加わって初めて私たちの耳に入るものとして仕上がります。
 本シリーズでは、その厨房たる音楽制作現場に携わる色々な職種の現役料理人たちに、名作が生まれる瞬間の出来事や現場で考えていること、また、ご自身の背景などを語ってもらっています。日ごろ目にすることのない厨房の内側を知ることで、いつも聴いている音楽が更に味わい深いものになったり、違った角度で楽しめるようになったり、ひいては、これから音楽業界を目指す方や現役で働いている若い方に対する先輩たちからの激励として、人生を楽しむための何らかのきっかけとなれば幸いです。

 田中知之(五五四)

■既刊(2013年10月)
 ヴィジョンへの旅路 ~音楽の厨房から・1 音楽プロデューサー 八野行恭
  http://www.amazon.co.jp/dp/B00FZY5NRG

■2013年11月中旬 刊行予定
 タイトル未定 ~音楽の厨房から・2 サウンドエンジニア 鈴木智雄

■価格
 シリーズ共通 500円(海外は$5.00程度)

■言語
 日本語

■販売対象国
 日本を含む、Amazon Services International, Inc.が展開する世界246地域

■プラットフォーム
 Amazon Kindle

■動作環境
・iPhone, iPadなどのiOS搭載スマートフォン、タブレット、および、AndroidOS搭載スマートフォン、タブレット
 ※以下のURLよりダウンロードできるKindle アプリケーション(無料)が必要です。
 http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/?ie=UTF8&docId=3077089376

■お問い合わせ
 有限会社 五五四
 担当:田中知之(tanaka@554.co.jp)

 〒151-0071 東京都渋谷区本町1-40-14-302
 TEL 03-5302-0554 / FAX 03-5302-0556


※Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴ、Kindle、AmazonKindleのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※Apple、iPhone、iPad、iPodおよびMac OSは米国Apple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。

2013年10月18日

影響を受けたCD その127

ガーシュイン/ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人etc.
フィラデルフィア管弦楽団/指揮:ユージン・オーマンディ
http://www.amazon.co.jp/ガーシュウィン-ラプソディ・イン・ブルー,グローフェ:グランド・キャニオン-フィラデルフィア管弦楽団/dp/B00005G7O8/ref=sr_1_92?ie=UTF8&s=music&qid=1256802940&sr=1-92

この数年ガーシュインを聴きたくなった時にCDトレイに載せる確率が高いのは
上記のCDです。
「華麗なるフィラデルフィア・サウンド」というフレーズがありますが、これはレコードを売るためにレコード会社が作ったものと言われています。
元々フィラデルフィアは当時アメリカ産業の中心である自動車産業の町であったため、税収が非常に多いという事実があったようです。またアメリカではオーケストラは市民のものであり、税金を使ってその活動をサポートする、という理念があります。そのため税金を使って高級な楽器を数多く購入し、それをフィラデルフィア管弦楽団が使ってゴージャスなサウンドになったと聞いていますが、真偽の程は分かりません。
ハンガリー出身の指揮者は完璧主義だというイメージがありますが、オーマンディもその耳の良さからか、オーケストラが作りだす音のリズムも、音程もすこぶる正確で、しかも楽器バランスも完璧です。
数多いオーマンディの名演の中でも個人的にはこのCDは特に素晴らしいもののひとつであると断言出来ます。

Sony Musicのこの¥1020円のシリーズは発売してから随分時が過ぎていますので、おそらくそう遠くない将来に廃盤になるものと思われます。
バーンスタインの「惑星」、オーマンディのいくつかのベートーヴェンの交響曲、同じくオーマンディの「シェエラザード」と「展覧会の絵」がカップリングされているもの、2009年に亡くなった若杉弘さんの「マーラー/交響曲第1番」などはどれもが超の付くほどの名盤だと思います。

2013年10月17日

ヒット御礼

お陰様で、今年リリースしたオールタイム・ベスト「天晴」がヒット・アルバムになりました。ありがとうございました。

収録曲の半分ほどは今回新たにマスタリングをやり直したもので、トータルで考えると、これまでにリリースしたベスト・アルバムの中で最高音質の作品になりました。

先日、知人から「天晴はレコーディングをやり直したのですか?」と聞かれました。
疑問の理由をこちらから聞いたら、「声(歌)を含めて格段に美しく感動的だったので」との答が返ってきました。
嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

2013年10月15日

さだまさし 復興支援コンサート

ブログを更新出来ないまま、2ヶ月以上の時が経ってしまいました。

ここ数ヶ月、CD「さだまつり」、DVD「百歌繚乱」、4000回コンサートのエディット及びミックス・ダウン、幾人かの歌手の方々への楽曲提供、映画音楽、某CMソングなどなどで、大わらわでした。

ようやく一息つき、ブログを更新することにしました。

ご存じの方も多いとは思いますが、先日、総集編がオン・エアーされた「さだまさし 復興支援コンサート」が、なんと一挙3時間の番組になりオン・エアーされます。
詳細は下記URLをご覧下さい。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2013-10-20&ch=10&eid=27890&f=etc