« オーディオ試行錯誤2 | メイン | 島根県邑南町訪問記2 »

島根県邑南町訪問記1

お招きを受けて、島根県の邑南町という日本の原風景と出会える町に行ってきました。
東京駅から約4時間「のぞみ」に乗って広島駅で下車。改札口に邑南町役場の小畑芳秋さん、高瀬満晃さん、岸慎也さんが出迎えてくださいました。

岸さんの運転でそこから1時間と少し高速道路を走り、瑞穂インターで一般道路に出て、山の中腹にある展望台から邑南町を見下ろしました。
見事な盆地が広がっていて感動的でした。
当地にはあの左甚五郎とやまんばが競い合ったという伝説が残されていて、冬には「案山子」の世界(銀色の毛布つけた田圃)になるそうです。

少し下って香木の森公園を散策し、公演横のジェラテリア・カフェMuiで地元の牛乳で作ったアイスクリームを堪能し、千年杉が参道に植わっている諏訪神社にお参りし、役場にお邪魔しました。

既に東京でお会いした町長の石橋良治さん、副町長の桑野修さんにご挨拶し、会議室で早速、地元の学校の音楽の先生お三方と打ち合わせ。
提供させて頂く楽曲を吹奏楽、合唱曲に編曲する具体的な話をさせて頂きました。
1時間ほどかなり具体的かつ詳細に話し合いをしてから、予約して頂いていたペンション「じろうさんの家」まで公用車でお送り頂きました。

じろうさんの家に到着すると、既に町議会議長の山中康樹さん、イメージ・ソング制作委員長の日高弘之さんがお見えになっていました。
その後、町長、町議会議長、副町長、委員長との会食が21時まで続きました。メインディッシュの石見和牛は絶品でした。
拝見した風景の素晴らしさだけでなく、皆さんの町のイメージ・ソング制作に向けての思いの強さにも圧倒されました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)