« ACOUSTIC REVIVEという名の奇跡、再び | メイン | 影響を受けたCD その131 »

驚異のアコリバ

自室で8年前から愛用しているユニバーサル・プレーヤーが昨年から不調になり、ディスク・トレイが一度ではオープンしないことが続いていました。
8年前とは異なり、現在のユニバーサル・プレーヤーはCD、CD-R、SACD、SACDマルチ、DVD、DVDオーディオ、ブルーレイ、ブルーレイ・オーディオなどが再生出来ます。

先月、意を決して購入に踏み切りました。
数年前に「使いやすいプレーヤーを紹介して欲しい」と佐田玲子から頼まれた機種の後継機を購入しました。
いくら高性能とは言え、8年間使った機種の3分の一以下の価格なので流石に最高音質という訳ではありません。多少音質的に不満がありましたので、「アコリバ・チューン」を石黒さんに依頼しました。
チューン・アップ後の機器を戻してもらう際、前から興味があったコンセントスタビライザー「CS-2Q」を同梱して頂くことにしました。

昨日の午後、セッティングをして試聴。
まさに激変、でした。
高音がヒリヒリしないばかりでなく、まるで相反するように澄み切った高音が天上に向かって舞い上がるかのようです。
SN比が圧倒的に良くなって、音響空間がより透明になり、ホールの残響が消え際まで見通せます。そしてリアリティーと立体感は想像を遥かに上回っています。
CDがSACDや生演奏のように聞こえ、アコリバ・チューンとコンセントスタビライザーの性能が相まって、遥かに演奏のニュアンスが表現されるように変貌したことが大きく、感動に次ぐ感動で、聴き終えた後までもしばらく放心状態が続きました。

コメント

石黒さん曰く。「チューニングは誠心誠意、心を込めてやらせて頂いています。」との言葉を聞きました。

最近弦楽器奏奏者K氏のD/Aコンバターのチューニングを目の前で見て、その効果の大きさに信じらぬ思いをしたばかりです。

オカルト的ではありますが、技術的な事以外にも何かが込められているように思います。経験されたような劇的な変化は表面的な技術だけで達せられるとは思えないのです。

自分が石黒氏の手法を真似ても、決して同じ様な効果は得られません。

オーディオはオカルトだらけと思っています。幸せに成るオカルトなら大いに歓迎ですね。

もうひとつの方も含めてコメントありがとうございました。

もう半年以上が経っていますので、ケーブルのエージングは出来たのではないかと思っています。
2ヶ月位経った時に、驚いたのを覚えています。

そして石黒さんのチューンも驚異的ですね。
リーズナブルなプレーヤーの音が高級機のように変貌します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)