« 耳こそはすべて | メイン | 春よ来い »

ACOUSTIC REVIVEによるPC-tripleC化

ここ1、2年で自宅のオーディオ・システムのケーブルをPC-tripleCを芯線にしたものにヴァージョン・アップして来ました。
数ヶ月おきに、まずライン・ケーブル、次いでスピーカー・ケーブル、そして先月は電源ケーブル、と順を追ってお願いしました。
これで電源BOX以降は全てPC-tripleC化したことになります。

それぞれの時点でヴァージョン・アップの効果はハッキリ出ましたが、今回の電源ケーブルのPC-tripleC化が、更なる周波数レンジの拡大、音場の拡大、透明感の増大、ニュアンスの増大などに貢献してくれました。
オーディオ・システムを使って音楽を聴いているのではなく、音響機材を一切使わず生で音楽を聴いているかのような感覚に陥ります。

全域の透明感が上がり、低音は沈み込みが更に深くなり、一番重要な中域は更にナチュラルでリアルになったために音楽の抑揚が今まで以上に再現され、ヒリヒリ感・チリチリ感が無いのに高音や倍音はどこまでも伸びて行きます。
音のピントがジャストで合っているのに優しい音で、良い意味で柔らかくて刺激感の無い音でありながら、凶暴な表現では凶暴な音になります。

圧倒的なSN比の良さのお陰で静寂から音楽が沸き上がり、ピアニシモからフォルテシモへ向かう吹き上がり感は半端ではありません。
これはまるで乗っている車の排気量が倍位になったようでもあり、静寂からトゥッティまで、今まで以上にストレス無くリニアに反応するので、生のオーケストラが目の前に存在するかのようでもあります。

音場はどこまでも澄み渡り、現物のスピーカーのサイズや位置を大きく超えて、今まで以上に上下、左右、前後に拡がるために、録音が良いCDを聴くとスピーカーの存在が消えます。

あまりにも気持ちの良い音なので、ついついアンプのボリュームを上げてしまいます。録音の良いCDでは弦の音がシルキーで、身も心も溶けてしまいそうです。

しかしながら人間の欲望は限りないもので、こうなると電源BOXの内部配線、ブレーカーから電源BOXまでのケーブルも全てPC-tripleC化したくなってしまいます。

この文章では単純に「PC-tripleC化」としていますが、確かに芯線のPC-tripleCは優れていますが、そのPC-tripleCを使ったケーブル全体の設計やそのためのノウハウが優れているからこそ、このような素晴らしい、感動的な音になるのだと思います。
これはある意味でDSDに似ているかもしれません。
DSDは確かに優れた器ですが、その器に入れる音楽そのもの、器に入れるまでの音質、作っている人たちの感性が揃って良くなければ、どんなに器が優れていても素晴らしい音にはなりません。

これらのケーブルの設計をなさったACOUSTIC REVIVEの社主・石黒謙さん、そしてスタッフの皆さんに感謝しています。
ありがとうございました。

コメント

「PC-tripleC化」が進み、効果を体験されている様子を読ませて頂き共感しています。

我が家はライン&デジタルケーブルと一部の電源ケーブルを交換いたしました。5月中にスピーカーケーブルを交換予定です。一部でも交換すると効果を聞き取れますので、ついつい時間を忘れて聴き慣れた音源を聴き直しています。

八野さんの電源BOXの内部配線交換は線材さえ有れば何時でも交換しますよ!。
お気軽に声を掛けて下さい。ついでに新型コンセントも交換することをお勧めいたします。

コメントありがとうございました。

PC-tripleC化で再生音楽に生命が吹き込まれる感じですね。

電源BOXのPC-tripleC化はしばらく先のことになりそうですが、その節はお願いします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)