« 春よ来い | メイン | ほぼ連日① »

ギター熱

3月末から少しでも自由な時間が出来るとギターのトレーニングに励んでいます。
1年程前から直接仕事に関係なくても、折に触れて自宅でギターを弾くようにしていたら、ここ2ヶ月すっかりハマってしまったという訳です。
帰宅する電車の中で、ギターを始めた小学校時代に戻ったような、妙にワクワクして華やぐ気持ちになるのは気のせいだけではないでしょう。

実は、今回ギターに再度のめり込むにあたって切っ掛けがありました。
1年半程前に、あのLL30MS(さだまさしデビュー30周年を記念してかつてYAMAHAさんが100本作ったカスタム・モデル)を奇しくも入手したのです。
しかも100本作られたLL30MSの何と1番目(1/100)のものを知人から戴いたのでした(その方からは「入手したままほとんど弾いてこなかったので、弾いてあげてください」とのことで、ほぼ未使用と言っていい位のものでした)。
これから大きく育てて行こうとメンテナンスに出していたLL30MSが先日戻って来ましたので、とても楽しみにしています。

さだまさしコンサートツアー2016「月の歌」が始まったばかりですが、LL30MSと同時期に作られたさだまさし所有のLL120MSが10年経って大きく育ち、個人的にはとても好きな音に育って来たと思っています。
先日、楽器担当のKクンにそのことを話したら、我が意を得たりという風に喜んでいました。

コメント

LL30MS、懐かしい。MSはモビルスーツ(笑)、いいえマサシ・サダですね。いい音がするのではと思っています。楽器の常識として、よい楽器は、演奏者の意欲を掻き立てると言いますから。八野さんが「スカボローフェア」なんかもやったと記憶しております。

私も今年メインのギターを変えました。多分マーチンOO-18フルコピーのちょっと珍しいものです。今の自分の状態にちょっとショック。メロディ弾きはできるのに、コードがスムーズにフォームできない。歌うことが出来なくて困ってます、普通と逆です。(笑)私事でした、スミマセン。

Takaishiさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

そうでした。Takaishiさんはギターやられてましたね!

最近、ギター熱が高じて、「ギター欲しい病」にかかってしまいました(現在、000タイプに興味があります)。

00-18のフルコピーですか!
少し小さめのボディで、サイドやバックがマホガニーでしょうか?
サイド、バックがローズウッドのサウンドだけでなく、マホガニーのサウンドもまた魅力的ですね!

八野様、ありがとうございます、さすが!思い出していただいたなら、光栄です。ちょっと大変な病気のため、日々ちょっと苦労しております。

私のギターは多分00-18、18というからにはサイド・バックはマホガニーで全部単板!キャッツアイ(東海楽器)によるフルコピーです。アルペジオなどに向いた、お気に入りです。

重ねて、お世話になってます、ありがとうございます。

Takaishiさん、そうですか。
大変な病気とのことで、お大事になさってください。

人だけでなく、良い楽器との出会いは幸せを呼びますね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)