« 影響を受けたCD その136 | メイン | 影響を受けたCD その138 »

影響を受けたCD その137

CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル) /BEST OF
https://www.amazon.co.jp/BEST-CREEDENCE-CLEARWATER-REVI/dp/B0018LMKIK/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8&qid=1479802659&sr=1-4&keywords=CCR

ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」の後、僕がS&Gやビートルズ以外で強烈なインパクトを与えられたのがブラス・ロックの「シカゴ」やスワンプ・ロック(南部のロック)と呼ばれた「CCR」でした。
「スージーQ」「プライド・メアリー」などのヒットで知られたCCRが「雨を見たかい」(原題:Have You Ever Seen The Rain)をリリースし、当時中学生で毎日のように深夜放送を楽しみにしていた僕にとって最高の曲のひとつでした。

メンバーでリーダー格のジョン・フォガティは当時YAMAHAのFG-180を使っていたことが知られていて、僕もFG-180が欲しくてたまらなかったのですが、中学生には高嶺の花でした。
ジョンが作ったこの「雨を見たかい」は、曲、シンプルなアレンジ、ジョンの押し出しの強いヴォーカル、ジョンの兄・トムが弾くアコギ、ドラムとベースのシンプルにしてワイルドなグルーブ感など良いところがたくさんあります。

この曲がヒットしたのは中学で英語の現在完了を習う直前だったのですが、中学校での音楽仲間(深夜放送仲間)は皆この曲によって、その他のクラスメイト達よりも早く現在完了を知るようになって、得意げな表情になっているように思えました。
この「雨を見たかい」は当時、ベトナム戦争に対する反戦歌(雨をナパーム弾に喩えている?)のように扱われていましたが、後に作者のジョン・フォガティはそれを否定していて、バンドが終焉を迎えていた時の気持ちを表現したものと言っていました。
作者自身が否定しているので、本当のところは不明ですが、名曲には違いはありません。
この「雨を見たかい」はその後も日本のCMでも時折使われ、ロッド・スチュアートや桑田佳祐さんもカバーしています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)