« パラシュート | メイン | 影響を受けたCD その142 »

影響を受けたCD その141

ドヴォルザーク/交響曲第8番
ボルティモア交響楽団/指揮:マリン・オールソップ
http://www.hmv.co.jp/artist_ドヴォルザーク(1841-1904)_000000000019851/item_交響曲第7番、第8番%E3%80%80オールソップ&ボルティモア響_3830986

昨年、同じ楽団、同じ指揮者の第9番「新世界から」をこのブログに書きました。
この第7、8番も優れた演奏・録音だと思います。
「クールな演奏」という評価もありますが、僕の現在のオーディオ機器と耳では、「クール・ビューティー」という感じで、楽器のニュアンスがよく表れていて(特に木管)、演奏に「愛」を感じます。
このCDに出会うまでは、セルのSony盤とEMI盤、カラヤンのDecca盤、ケルテスのDecca盤などを好んで聴いてきましたが、最近はこのCDです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)