« さだまさしさんの名曲を皆さんでハモりましょう! | メイン

She

2000年にレコーディングでロンドンに行った時に、たまたまノッティング・ヒルを通ったことを覚えています。
そう、1999年に公開された映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台になった場所です。
エルビス・コステロがカバーした「She」(邦題:忘れじの面影)が主題歌として使われていて、実際に映画を観るとやはり主題歌はこの歌しかないと思わせる抜群の説得力を持っています。

この曲「She」の作曲者は言わずと知れた、あのシャルル・アズナブール。
コステロのカバーもとても素晴らしいと思いますが、やはり作者自身が歌うバージョンはウェットで、色気があり、比肩するものが無いと思わせます。

シャルル・アズナブールさんのご冥福をお祈り致します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)